ホーム拡張機能手作業でライセンスを登録する

手作業でライセンスを登録する

本機からインターネットに接続できないときは、ライセンス管理サーバー(LMS、Licence Management Server)のWebサイトにアクセスして、手作業でライセンスを登録します。

ライセンスを登録すると、拡張機能を有効にするための情報(ライセンスコード)を取得できます。本機にライセンスコードを入力すると、拡張機能が使えるようになります。

  1. ライセンスキットを購入します。

    • ライセンスキットの種類については、こちらをごらんください。

    • ライセンスキットに入っているトークン証書が、LMSでのライセンス登録に必要になります。

    • ライセンスキットの購入について詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

  2. [設定メニュー]-[管理者設定]-[ライセンス管理設定]-[リクエストコード発行]で、[はい]を選び、[OK]をタップします。

    画面に本機のシリアル番号とリクエストコードが表示されます。

    • [印刷]をタップすると、画面に表示されたシリアル番号とリクエストコードを印刷できます。

    • Web Connectionでリクエストコードを発行することもできます。管理者モードの[メンテナンス]-[ライセンス管理設定]-[リクエストコード発行]から発行します。画面に表示されたシリアル番号とリクエストコードをメモするか、Webブラウザーの画面を印刷してください。

  3. インターネットに接続できるコンピューターから、Webブラウザーを開いて、ライセンス管理サーバー(LMS)のWebサイトに接続します。

    • ライセンス管理サーバーのWebサイトのアドレスは、ライセンスキットに入っているトークン証書に記載されています。

  4. ライセンス管理サーバー(LMS)のWebサイトで、本機の次の情報を登録します。

    項目

    説明

    リクエストコード

    本機を特定するためのコードです。

    リクエストコードを発行したときに、画面に表示されたコードです。

    シリアル番号

    本機のシリアル番号です。

    リクエストコードを発行したときに、リクエストコードと同じ画面に表示されます。

    トークン番号

    拡張機能ライセンス購入のご契約を識別するためのコードです。

    トークン証書に記載されています。

  5. 登録した内容を確認して、ライセンスコードを発行します。

    機能コードと、ライセンスコードが発行されます。

  6. [設定メニュー]-[管理者設定]-[ライセンス管理設定]-[機能有効化]-[機能/ライセンスコード]で、LMSのWebサイトで発行された機能コードとライセンスコードを、本機に登録します。

    • Web Connectionで機能コードとライセンスコードを登録することもできます。管理者モードの[メンテナンス]-[ライセンス管理設定]-[機能有効化]-[機能コード、ライセンスコードによる機能有効化]で、機能コードとライセンスコードを登録します。

  7. [確定]をタップします。

  8. 入力した機能コードとライセンスコードを確認して、[はい]を選び、[OK]をタップします。

    本機で拡張機能が有効になります。また、本機が自動的に再起動します。