ホームWeb設定ツールファクスサーバーと連携する

ファクスサーバーと連携する

概要

ファクスサーバーをお使いの場合に、アプリケーションの登録と、アプリケーションを使うためのサーバーの設定ができます。

E-mail形式で通信するファクスサーバーをお使いの場合は、送信先の番号にPrefixとSuffixを自動的に付加するように設定できます。

本機の操作パネルから、登録したアプリケーションの表示や操作が行えます。ただし、次の条件を満たす必要があります。

  • オプションのFAXキット が装着されていない

  • インターネットファクス機能が無効である

アプリケーションを登録する

アプリケーションの登録と、アプリケーションを使うためのサーバーの設定をします。

  • オプションのFAXキット を装着している場合は設定できません。

  1. 管理者モードの[宛先登録]-[アプリケーション登録]で、アプリケーションを登録したい場所を選び、[登録/編集]をクリックします。

  2. [テンプレートを使用する]を選び、使うテンプレートを選びます。

    • テンプレートを使わない場合は、[テンプレートを使用しない]を選びます。

    • 本機で使えるテンプレートについて詳しくは、こちらをごらんください。

  3. [次へ]をクリックします。

  4. アプリケーションの登録とサーバーの設定をして、[次へ]をクリックします。

    設定

    説明

    [アプリケーション設定]

    登録するアプリケーションの設定をします。

    [アプリケーション名]

    アプリケーションの名前を入力します(半角16文字/全角8文字以内)。

    [サーバー設定]

    アプリケーションを使うためのサーバーの設定をします。

    [ホストアドレス]

    アプリケーションを使うサーバーの、ホストアドレスを入力します(半角15文字以内、記号は.のみ使用可能)。

    [ファイルパス]

    送信先のファイルパスを入力します(半角96文字以内)。

    [ユーザーID]

    サーバーにログインするための、ユーザーIDを入力します(半角47文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザーID]で入力したユーザー名のパスワードを入力します(半角31文字以内)。

    [anonymous]

    宛先のサーバーで認証が不要なときは、[ON]を選びます。

    [PASVモード]

    お使いの環境でPASVモードを利用しているときは、[ON]を選びます。

    [プロキシ]

    お使いの環境でプロキシサーバーを利用しているときは、[ON]を選びます。

    [ポート番号]

    必要に応じて、ポート番号を変更します。

    通常はそのままお使いいただけます。

  5. 設定したい拡張項目を選び、[編集]をクリックします。

  6. 選んだ拡張項目の[機能設定]画面で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [ボタン名]

    ボタンの名前を入力します(半角16文字/全角8文字以内)。

    [機能名]

    機能名を選びます。

    [パネル上の表示]

    タッチパネルに表示する名前を入力します(半角32文字/全角16文字以内)。

    [表示方法]

    タッチパネルでの表示方法を選びます。

    [初期値]

    初期値を入力します。入力できる文字数は、[機能名]で選んだ機能によって異なります。

    初期値を隠したい場合は、[****表示する]にチェックをつけます。

    [キーボードタイプ]

    タッチパネルに表示するときのキーボードタイプを選びます。

    [オプション設定]

    [機能名]で選んだ機能に応じて、オプション設定をします。

  7. [OK]をクリックします。

アプリケーション設定テンプレート

Web Connectionでは、次のようなテンプレートが用意されています。テンプレートには、アプリケーションごとに異なる拡張項目が、あらかじめ設定されています。

[WalkUp Fax]

[No.]

[ボタン名]

[機能名]

[キーボードタイプ]

[初期値]

[オプション設定]

1

[Sender Name (CS)]

[Name]

[ASCII]

[Walkup]

2

[Fax Number (CS)]

[PersonalFaxNumber]

[ASCII]

3

[TEL Number (CS)]

[PersonalVoiceNumber]

[ASCII]

4

[Subject]

[Subject]

[ASCII]

5

[Billing Code 1]

[BillingCode1]

[ASCII]

6

[Billing Code 2]

[BillingCode2]

[ASCII]

[Fax with Account]

[No.]

[ボタン名]

[機能名]

[キーボードタイプ]

[初期値]

[オプション設定]

1

[User ID]

[ID]

[ASCII]

[Walkup]

2

[Sender Name (CS)]

[Name]

[ASCII]

3

[Password]

[Password]

[ASCII]

4

[Password Auth#]

[Authentication]

[なし]

5

[Subject]

[Subject]

[ASCII]

6

[Billing Code 1]

[BillingCode1]

[ASCII]

7

[Billing Code 2]

[BillingCode2]

[ASCII]

8

[CoverSheet Type]

[CoverSheet]

9

[Hold For Preview]

[HoldForPreview]

[いいえ]

[Secure Docs]

[No.]

[ボタン名]

[機能名]

[キーボードタイプ]

[初期値]

[オプション設定]

1

[User ID]

[ID]

[ASCII]

[Walkup]

2

[Password]

[Password]

[ASCII]

3

[Password Auth#]

[Authentication]

[なし]

4

[Delivery Method]

[Delivery]

[保護あり]

5

[Subject]

[Subject]

[ASCII]

6

[Billing Code 1]

[BillingCode1]

[ASCII]

7

[Billing Code 2]

[BillingCode2]

[ASCII]

8

[CoverSheet Type]

[CoverSheet]

9

[Document PW]

[DocumentPassword]

[ASCII]

[Certified Delivery]

[No.]

[ボタン名]

[機能名]

[キーボードタイプ]

[初期値]

[オプション設定]

1

[User ID]

[ID]

[ASCII]

[Walkup]

2

[Password]

[Password]

[ASCII]

3

[Password Auth#]

[Authentication]

[なし]

4

[Delivery Method]

[Delivery]

[認証あり]

5

[Subject]

[Subject]

[ASCII]

6

[Billing Code 1]

[BillingCode1]

[ASCII]

7

[Billing Code 2]

[BillingCode2]

[ASCII]

8

[CoverSheet Type]

[CoverSheet]

9

[Document PW]

[DocumentPassword]

[ASCII]

E-mail形式で通信するファクスサーバーと連携する

E-mail形式で通信するファクスサーバーを使う場合は、送信先の番号に、接頭辞(Prefix)と接尾辞(Suffix)を自動的に付加できます。

管理者モードの[環境設定]-[システム連携設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[Prefix/Suffix自動設定]

送信先の番号にPrefixとSuffixを、自動的に付加するかどうかを選びます。

[する]を選ぶと、管理者モードの[宛先登録]-[Prefix/Suffix]で、登録No.1に設定された文字を自動的に付加します。

初期値は[しない]です。

[Prefix/Suffix自動設定]を[する]に設定すると、次の制限がかかります。

  • 管理者モードの[ファクス設定]を設定できません([宛先確認表示機能]、[宛先2度入力機能(送信)]、[宛先2度入力機能(登録)]、[PC-FAX送信許可設定]を除く)。

  • 管理者モードの[宛先登録]-[アプリケーション登録]を設定できません。

  • 掲示板ボックス、ポーリング送信ボックス、強制メモリー受信ボックス、再送信ボックスを使えません。

  • 掲示板ボックス、中継ボックスを登録できません。

  • 親展受信ができません。

  • [オフフック]キーを使えません。

  • ファクス/スキャンモードの[ファクス発信元設定]、[回線設定]、[クイックメモリー送信]、[ポーリング送信]、[ポーリング受信]、[タイマー通信]、[パスワード送信]、[Fコード送信]は設定できません。

  • ネットワークファクス機能を使えません。

  • ファクスの送信先を短縮宛先に登録するとき、[外線]、[トーン]、[ポーズ]、[-]、[回線設定]を指定できません。

  • 操作パネルのジョブ表示画面から、通信管理レポート、送信管理レポート、受信管理レポートを印刷できません。

  • ジョブの履歴には、PrefixとSuffixを除いた番号を表示します。

  • 送信ジョブの種類は、E-mailとして扱われます。

  • カウンターの、ファクス送信枚数は更新されません。