ホームWeb設定ツール本機のFTPサーバー機能を使って連携する

本機のFTPサーバー機能を使って連携する

概要

本機のFTPサーバー機能を使って通信するアプリケーションソフトウェアを利用する場合に、本機のFTPサーバー機能を設定します。

本機のFTPサーバー機能を使って連携する場合は、次の手順で設定してください。

  1. 本機のIPアドレスの設定など、ネットワークに接続して使うための設定をする

    • 設定のしかたは、こちらをごらんください。

  2. FTPサーバー設定をする

    • 設定のしかたは、こちらをごらんください。

FTPサーバー設定をする

FTPサーバー機能を有効にします。あわせて、セキュリティーに関する設定をします。

管理者モードの[ネットワーク]-[FTP設定]-[FTPサーバー設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[FTPサーバー]

FTPサーバー機能を使うときは、[使用する]に設定します。

初期値は[使用する]です。

[受信拒否するコマンド]

本機のFTPサーバー機能を使うときに、FTPクライアントからの受信を拒否するコマンドを選びます。

FTPクライアントから本機に対して、PORT/EPRTコマンドまたはPASV/EPSVコマンドが送信されたとき、エラーを返すように設定できます。

初期値は[禁止しない]です。

[PORTコマンドセキュリティ強化設定]

FTPバウンスアタックに対する、本機のセキュリティーを有効にするかどうかを選びます。[受信拒否するコマンド]で[PORT/EPRT]を選んだ場合は設定できません。

FTPクライアントからPORT/EPRTコマンドが送信されてきたときに、次の条件を両方を満たす場合だけ、データコネクションを確立します。

  • 1024未満のポート番号が指定されていない

  • コマンドで指定されたIPアドレスが、制御コネクションを確立したときに指定されたIPアドレスと同じ

初期値は[有効]です。