ホームWeb設定ツールIPアドレスファクス宛先のプログラムを登録する

IPアドレスファクス宛先のプログラムを登録する

Web Connectionから、プログラムを登録/編集できます。タッチパネルでは面倒な文字入力も、コンピューターから簡単に行えます。

プログラムには、宛先の情報と、ファクス/スキャン送信のオプション設定を組合わせて登録できます。

ここでは、IPアドレスファクス宛先のプログラムについて説明します。

管理者モードの[宛先登録]-[プログラム宛先]-[登録]-[IPアドレスファクス宛先]-[OK]をクリックし、次の設定をします。

設定

説明

[登録名称]

プログラムの名前を入力します(半角24 文字/ 全角12 文字以内)。

登録するプログラムに、わかりやすい名前をつけます。

[宛先情報]

[宛先一覧より選択]をクリックして、宛先とするIPアドレスファクス宛先を一覧から選びます。[宛先確認]をクリックすると、登録した短縮宛先を確認できます。

宛先とするIPアドレスファクス宛先を直接入力したいときは、[宛先を直接指定する]を選んで入力します。

  • [アドレス形式]:宛先とする装置のアドレスの形式を選びます。

  • [宛先]:宛先とする装置のIPアドレスまたはホスト名を入力します。宛先はメールアドレスで指定することもできます。メールアドレスで指定する場合は、「ipaddrfax@」のあとに、送信先のIP アドレスまたはホスト名を入力します。
    @以降をIPアドレスで入力する場合は、IP アドレスを"[ ]"で挟みます。
    IPアドレス(IPv4)の入力例:「ipaddrfax@[192.168.1.1]」IPアドレス(IPv6)で入力する場合は、最初の括弧"[" のあとに、"IPv6:" を入力します。
    IPアドレス(IPv6)の入力例:「ipaddrfax@[IPv6:fe80::220:6bff:fe10:2f16]」@以降をホスト名で入力する場合は、"[ ]"は不要です。
    ホスト名の入力例:「ipaddrfax@host.example.com」

  • [ポート番号]:必要に応じて、ポート番号を変更します。通常はそのままお使いいただけます。

  • [相手先機種]:宛先とする装置がカラーに対応しているかどうかを選びます。

[基本設定]/[応用設定]

スキャン送信のオプション設定をします。詳しくはこちらをごらんください。

[参照許可設定]

必要に応じて、この宛先の参照を制限します。

詳しくは、こちらをごらんください。