ホームWeb設定ツールSMB宛先のプログラムを登録する

SMB宛先のプログラムを登録する

Web Connectionから、プログラムを登録/編集できます。タッチパネルでは面倒な文字入力も、コンピューターから簡単に行えます。

プログラムには、宛先の情報と、ファクス/スキャン送信のオプション設定を組合わせて登録できます。

ここでは、SMB宛先のプログラムについて説明します。

管理者モードの[宛先登録]-[プログラム宛先]-[登録]-[SMB宛先]-[OK]をクリックし、次の設定をします。

設定

説明

[登録名称]

プログラムの名前を入力します(半角24 文字/ 全角12 文字以内)。

登録するプログラムに、わかりやすい名前をつけます。

[宛先情報]

[宛先一覧より選択]をクリックして、宛先とするSMB宛先を一覧から選びます。[宛先確認]をクリックすると、登録した短縮宛先を確認できます。

宛先とするSMB宛先を直接入力したいときは、[宛先を直接指定する]を選んで入力します。

  • [ホストアドレス]:[ホスト名入力時はチェックをONにする]にチェックをつけて、宛先とするコンピューター名(ホスト名)またはIPアドレスを入力します(半角253文字以内)。

  • [ファイルパス]:[ホストアドレス]に入力したコンピューターの共有フォルダー名を入力します(全角/半角255バイト以内)。一般的には、共有名と呼ばれています。

  • [ユーザーID]:[ファイルパス]に入力したフォルダーのアクセス権限を持つユーザー名を入力します(全角/半角64文字以内)。

  • [パスワード]:[ユーザーID]に入力したユーザーのパスワードを入力します("を除く半角64文字以内)。

宛先は1件まで指定できます。

ホスト名で指定する場合は、大文字で入力してください。

[基本設定]/[応用設定]

スキャン送信のオプション設定をします。

詳しくは、こちらをごらんください。

[参照許可設定]

必要に応じて、この宛先の参照を制限します。

詳しくは、こちらをごらんください。