ホームWeb設定ツールファクス宛先を登録する

ファクス宛先を登録する

Web Connectionから、ファクス宛先を登録/編集できます。タッチパネルでは面倒な文字入力も、コンピューターから簡単に行えます。

管理者モードの[宛先登録]-[短縮宛先]-[新規登録]-[ファクス宛先]-[OK]をクリックし、次の設定をします。

設定

説明

[登録No.]

宛先の登録番号です。[空き番号を使う]は、空いている小さい数字から自動的に登録されます。番号を指定したいときは、[直接入力する]を選び、1~2000の範囲で入力します。

[登録名称]

宛先の名前を入力します(半角24 文字/ 全角12 文字以内)。

登録する宛先に、わかりやすい名前をつけます。

[登録名ふりがな]

登録名のふりがなを入力します(半角24文字/全角ひらがな12文字以内)。

宛先を登録名順に並び替えることができます。

[検索文字]

宛先を登録名でインデックス検索できるように、該当する文字を選びます。

  • たとえば、登録名が「ジェイムズ」の場合は、[さ]を選びます。

  • よく送信する宛先は、あわせて[常用(よく使う宛先)]にチェックをつけます。[常用(よく使う宛先)]にチェックをつけると、宛先がファクス/スキャンモードのトップ画面に表示されるため、宛先の指定が簡単になります。

[ファクス番号]

宛先とするファクス番号を入力します(半角数字38桁以内、記号は#、*、-、T、P、Eを使用可能)。

  • 構内回線(PBX)環境でお使いの場合は、先頭に「E-」を入力すると、登録されている外線番号が自動的に挿入されます。

  • 構内回線(PBX)環境でお使いの場合は、外線番号のあとに「P」を入力すると、より確実なダイアルができます。

  • ダイアル回線でプッシュ信号を発信したいときは、「T」を入力します。

  • 「-」は、ダイアルの区切り記号として入力します。ダイアルには影響ありません。

[ファクス番号の再入力]

確認のために、宛先とするファクス番号を再入力します。

管理者モードの[ファクス設定]-[機能設定]-[機能ON/OFF設定]-[宛先2度入力機能(登録)]を[ON]に設定した場合に表示されます。

[回線指定]

2回線をお使いの場合は、送信に使う回線を選びます。[指定なし]を選ぶと、空いている回線を使って送信します。

[通信設定]

必要に応じて、[表示]をクリックし、登録する宛先に対するファクスの送信のしかたを指定します。ここで指定した内容は、ファクスの送信前に変更できます。

  • [V34 OFF]:通常は、スーパーG3モードで通信しますが、スーパーG3モードで通信できない場合は、チェックをつけます。

  • [ECM OFF]:通常は、ECM(Error Correction Mode)を使って、送信したファクスのデータに誤りがないことを確認しながら通信しますが、通信時間を短縮したい場合は、チェックをつけます。

  • [海外通信]:通信状態の悪い地域にファクスを送る場合などにチェックをつけます。伝送速度を落として送信します。

  • [宛先確認送信]:宛先確認送信機能を使うときにチェックをつけます。ファクス送信に指定したファクス番号と、送信先のファクス番号情報(CSI)とを照合し、一致した場合にファクスを送信します。

[参照許可設定]

必要に応じて、この宛先の参照を制限します。

詳しくは、こちらをごらんください。