ホームWeb設定ツールE-mail宛先を登録する

E-mail宛先を登録する

Web Connectionから、E-mail宛先を登録/編集できます。タッチパネルでは面倒な文字入力も、コンピューターから簡単に行えます。

S/MIME機能を使う場合は、E-mail宛先にユーザーの証明書を登録できます。

管理者モードの[宛先登録]-[短縮宛先]-[新規登録]-[E-mail宛先]-[OK]をクリックし、次の設定をします。

設定

説明

[登録No.]

宛先の登録番号です。[空き番号を使う]は、空いている小さい数字から自動的に登録されます。番号を指定したいときは、[直接入力する]を選び、1~2000の範囲で入力します。

[登録名称]

宛先の名前を入力します(半角24 文字/ 全角12 文字以内)。

登録する宛先に、わかりやすい名前をつけます。

[登録名ふりがな]

登録名のふりがなを入力します(半角24文字/全角ひらがな12文字以内)。

宛先を登録名順に並び替えることができます。

[検索文字]

宛先を登録名でインデックス検索できるように、該当する文字を選びます。

  • たとえば、登録名が「ジェイムズ」の場合は、[さ]を選びます。

  • よく送信する宛先は、あわせて[常用(よく使う宛先)]にチェックをつけます。[常用(よく使う宛先)]にチェックをつけると、宛先がファクス/スキャンモードのトップ画面に表示されるため、宛先の指定が簡単になります。

[E-mail宛先]

宛先とするメールアドレスを入力します(スペースを除く半角320文字以内)。

[証明書情報の登録]

S/MIMEでE-mailを暗号化する場合はチェックをつけ、ユーザーの証明書を登録します。[参照]をクリックし、登録する証明書の場所を指定します。

  • 証明書を登録するには、登録する宛先のメールアドレスと、証明書のメールアドレスが、一致している必要があります。

  • 証明書情報は、DER(Distinguished Encoding Rules)形式のファイルだけサポートしています。

[参照許可設定]

必要に応じて、この宛先の参照を制限します。

詳しくは、こちらをごらんください。