ホームWeb設定ツールジョブ飛越しの条件を設定する

ジョブ飛越しの条件を設定する

印刷中のジョブの処理が、用紙の不足、排紙トレイの積載量オーバー、用紙不適合などの警告で停止する場合に、次のジョブを実行することを、ジョブ飛越しと呼びます。

次のジョブがファクスの場合と、ファクス以外の場合とで、それぞれ前ジョブを飛越すかどうか設定できます。

管理者モードの[環境設定]-[ジョブ優先動作設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[ファクス受信ジョブ優先]

コピーやプリント中にファクスを受信した場合、ファクスを優先して印刷するかどうかを選びます。

初期値は[しない]です。

[ジョブ飛び越し(ファクス)]

用紙がないなどの理由で印刷が停止した場合、次のジョブが受信したファクスの印刷である場合に限り、先に処理するかどうかを選びます。

初期値は[する]です。

[ジョブ飛び越し(ファクス以外)]

用紙がないなどの理由で印刷が停止した場合、次のジョブが受信したファクスの印刷以外である場合に限り、先に処理するかどうかを選びます。

初期値は[する]です。