ホームWeb設定ツールユーザーによる登録/変更の操作を禁止する

ユーザーによる登録/変更の操作を禁止する

本機では、ユーザーによる次の操作を禁止できます。

  • 宛先の登録/変更

  • 生体/ICカード情報の登録

  • E-mail送信時の発信元アドレス(Fromアドレス)の変更

  • ユーザーごとのユーザー認証と部門認証の連動

管理者モードの[セキュリティ]-[ユーザー操作禁止設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[登録宛先変更]

ユーザーによる宛先の登録/変更を禁止する場合は、[禁止]を選びます。

初期値は[許可]です。

[生体/ICカード情報登録]

ユーザーによる生体/ICカード情報の登録を禁止する場合は、[禁止]を選びます。

オプションの認証装置を装着している場合に設定できます。

初期値は[禁止]です。

[Fromアドレス変更]

E-mail送信時に、ユーザーによる発信元アドレス(Fromアドレス)の変更を禁止する場合は、[管理者アドレス]または[ユーザーアドレス優先]を選びます。

  • [管理者アドレス]:管理者のメールアドレスをFromアドレスに設定します。

  • [ユーザーアドレス優先]:ユーザー認証を導入している場合は、ユーザーのメールアドレスをFromアドレスに設定します。ユーザーのメールアドレスが登録されていない場合は、管理者のメールアドレスをFromアドレスに設定します。

初期値は[許可]です。

[ユーザー毎のユーザー認証/部門認証の連動]

ユーザーが、自分のユーザー認証と部門認証の連動を設定できないようにする場合は、[禁止]を選びます。

初期値は[許可]です。