ホームWeb設定ツール本機の証明書を作成してSSLで通信する

本機の証明書を作成してSSLで通信する

概要

本機とコンピューターとの通信をSSLで暗号化して、セキュリティーを強化できます。

本機の証明書を使って、本機とコンピューターとの間でSSL通信を行います。本機には、出荷時に証明書が登録されているため、本機でSSL/TLS を有効にするだけで、設置後すぐにSSL による暗号化通信ができます。

本機は、複数の証明書を管理し、用途(プロトコル)に応じて使い分けることもできます。証明書は、新しく自己作成したり、CA局(認証局)から発行された証明書をインストールしたりできます。

本機で、証明書を利用する方法は次のとおりです。

利用方法

説明

出荷時に登録されている証明書を利用する

出荷時に本機に登録されている証明書をそのまま利用できます。

自己作成した証明書を利用する

本機で証明書を作成します。

CA(認証局)を必要とせず、証明書の作成に必要な情報を入力するだけで、証明書を利用できます。

CA(認証局)から発行された証明書を利用する

本機で、証明書発行要求データを作成し、信頼できるCA(認証局)に、本機の証明書の発行を依頼します。認証局での審査後、返送されてきデータを本機に登録します。

  • 他の装置からエクスポートした証明書を、本機にインポートして使うこともできます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 証明書を用途(プロトコル)に応じて使い分ける方法について詳しくは、こちらをごらんください。

出荷時に登録されている証明書を使う

SSL通信を有効にするログインモードを選びます。また、SSLの暗号化強度を選びます。

管理者モードの[セキュリティ]-[PKI設定]-[SSL使用設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[SSL/TLS使用モード]

SSL通信を行うログインモードを選びます。

  • [管理者モードのみ]:管理者モードだけSSLで通信します。

  • [管理者モードとユーザーモード]:管理者モードとユーザーモードの両方をSSLで通信します。

  • [なし]:SSLで通信しません。

初期値は[なし]です。

[暗号強度]

SSLの暗号強度を選びます。

お使いの環境に合わせて選んでください。

初期値は[AES-256, 3DES-168, RC4-128, DES-56, RC4-40]です。

証明書を自己作成する

本機で証明書を作成します。CA(認証局)を必要とせず、証明書の作成に必要な情報を入力するだけで、証明書を利用できます。

  1. 管理者モードの[セキュリティ]-[PKI設定]-[デバイス証明書設定]-[新規登録]-[証明書を自己で作成しインストールする]で、証明書の作成に必要な情報を入力し、[OK]をクリックします。

    証明書が作成され、本機にインストールされます。証明書を作成するのに数分かかる場合があります。

    設定

    説明

    [コモンネーム]

    本機のIPアドレスを表示します。

    [組織名]

    組織名、団体名を入力します(ASCII 63文字以内)。

    [部門名]

    部門名を入力します(ASCII 63文字以内)。

    空白でも登録できます。

    [市区町村名]

    市区町村名を入力します(ASCII 127文字以内)。

    [都道府県名]

    都道府県名を入力します(ASCII 127文字以内)。

    [国別記号]

    国名を入力します。ISO03166で規定されている国コードで入力します(ASCII 2文字)。

    アメリカ:US、イギリス:GB、イタリア:IT、オーストラリア:AU、オランダ:NL、カナダ:CA、スペイン:ES、チェコ:CZ、中国:CN、デンマーク:DK、ドイツ:DE、日本:JP、フランス:FR、ベルギー:BE、ロシア:RU

    [管理者アドレス]

    本機の管理者の、メールアドレスを入力します(スペースを除く半角128文字以内)。

    管理者モードの[環境設定]-[本体登録]で、すでに管理者のメールアドレスを登録している場合は、登録したメールアドレスを表示します。

    [有効開始の日付]

    証明書の有効期間の、開始日を表示します。

    この画面を表示したときの本機の日時を表示します。

    [有効期間]

    証明書の有効期間を、開始日からの経過日数で入力します。

    [暗号鍵の種類]

    暗号鍵の種類を選びます。

  2. 証明書のインストールが完了したら、SSL通信を有効にします。

    • 詳しくは、こちらをごらんください。

認証局に証明書の発行要求をする

本機で、証明書発行要求データを作成し、信頼できるCA(認証局)に、本機の証明書の発行を依頼します。認証局での審査後、返送されてきたデータを本機に登録します。

  1. 管理者モードの[セキュリティ]-[PKI設定]-[デバイス証明書設定]-[新規登録]-[証明書の発行要求をする]で、証明書の発行に必要な情報を入力し、[OK]をクリックします。

    認証局に送付するための、証明書発行要求データが作成されます。

    設定

    説明

    [コモンネーム]

    本機のIPアドレスを表示します。

    [組織名]

    組織名、団体名を入力します(ASCII 63文字以内)。

    [部門名]

    部門名を入力します(ASCII 63文字以内)。

    空白でも登録できます。

    [市区町村名]

    市区町村名を入力します(ASCII 127文字以内)。

    [都道府県名]

    都道府県名を入力します(ASCII 127文字以内)。

    [国別記号]

    国名を入力します。ISO03166で規定されている国コードで入力します(ASCII 2文字)。

    アメリカ:US、イギリス:GB、イタリア:IT、オーストラリア:AU、オランダ:NL、カナダ:CA、スペイン:ES、チェコ:CZ、中国:CN、デンマーク:DK、ドイツ:DE、日本:JP、フランス:FR、ベルギー:BE、ロシア:RU

    [管理者アドレス]

    本機の管理者の、メールアドレスを入力します(スペースを除く半角128文字以内)。

    管理者モードの[環境設定]-[本体登録]で、すでに管理者のメールアドレスを登録している場合は、登録したメールアドレスを表示します。

    [暗号鍵の種類]

    暗号鍵の種類を設定します。

  2. [保存]をクリックします。

    • 証明書発行要求データをファイルとしてコンピューターに保存します。

  3. 証明書発行要求データを、認証局へ送ります。

    認証局での審査後、返送されてきデータを本機に登録します。

  4. 管理者モードの[セキュリティ]-[PKI設定]-[デバイス証明書設定]-[設定]-[証明書をインストールする]で、CA(認証局)から送られてきたテキスト形式のデータを貼付け、[インストール]をクリックします。

  5. 証明書のインストールが完了したら、SSL通信を有効にします。

    • 詳しくは、こちらをごらんください。