ホームWeb設定ツールファイリングナンバーボックスを登録する

ファイリングナンバーボックスを登録する

ファイリングナンバーボックスは、保存したファイルを印刷、または送信するときに、日付、時刻、ファイリング番号を自動的に付加するボックスです。

ファイリングナンバーボックスからファイルを印刷、送信するとき、あらかじめ設定しておいた管理用の日付/時刻やファイリング番号を、画像内のヘッダーまたはフッターに自動的に付加します。作成日時や連番のページ番号を特定できる文書を作成することで、不正な利用を抑止します。

管理者モードの[ボックス]-[システムボックスを作成する]-[ファイリングナンバーボックス]で、次の設定をします。

設定

説明

[ボックスNo.]

ボックスの登録番号です。[空き番号を使う]を選ぶと、空いている小さい数字から自動的に登録されます。番号を指定したいときは、[直接入力する]を選び、1 ~999999999の範囲で入力します。

[ボックス名]

ボックスの名前を入力します(半角20文字/全角10文字以内)。

登録するボックスに、わかりやすい名前をつけます。

[ボックスパスワードを使用する]

ボックスの利用をパスワードで制限する場合は、チェックをつけてから、パスワードを入力します("を除く半角64文字以内)。

[ボックス内ドキュメント削除時間]

ボックスにファイルを保存した日時、または最後に印刷、送信した日時から、自動的に削除するまでの時間を設定します。

  • [削除しない]:ボックスにファイルを残します。

  • [残さない]:コピー時など、保存や利用の必要がなく、ファイリング番号だけを付加する目的で使う場合に選びます。

  • [日数設定]:自動的に削除するまでの日数を選びます。

  • [時間設定]:自動的に削除するまでの時間を入力します。

[ナンバーカウント方式]

ファイルに付加する番号を、ジョブ単位または、ページ単位から選びます。

  • [ジョブ単位]:ファイルごとに番号を付加します。1つのファイルが複数のページであっても、1ジョブとして同番号を付加します。

  • [ページ単位]:ページごとに番号を付加します。

[文字列指定]

必要に応じて、ファイルに付加する固定の文字列や、日時、印字位置などを指定します。

  • [文字列]:任意の文字列を追加できます(半角40文字以内)。

  • [ナンバー文字列]:ファイリング番号の先頭に任意の文字列を追加できます(半角20文字以内)。

  • [日付/時刻]:日時の表示の種類を選びます。

  • [印字位置]:ファイリング番号を印字する位置を選びます。

  • [濃度]:印刷する日時やファイリング番号の文字の濃さを選びます。

  • [カウンター出力方式]:ファイリング番号の桁数を選びます。