ホームWeb設定ツール増設回線を使う

増設回線を使う

2回線をお使いの場合に、2回線目の使い方を設定します。

管理者モードの[ファクス設定]-[増設回線設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[回線パラメーター設定]

増設回線でファクス機能を使うための環境を設定します。

[ダイアル方式]

お使いの環境に合わせて、回線の種類を選びます。

[着信回数設定]

ファクスを自動受信する場合に、必要に応じて、受信を開始するまでの呼出音の回数を変更します。

初期値は[2]回です。

[回線モニター音]

ファクス通信時に回線上の音をスピーカーから鳴らすかどうかを選びます。

初期値は[OFF]です。

[機能設定]

増設回線で使う機能の有効/無効を設定します。

[PC-FAX送信回線]

PC-FAX送信に使う回線を選びます。[指定なし]を選ぶと、空いている回線を使って送信します。

初期値は[指定なし]です。

[ナンバーディスプレイ機能]

ナンバーディスプレイ機能を使う場合は、チェックをつけます。

また、[ネームディスプレイ機能]で、番号と名前のどちらをパネルに表示するかを選びます。

初期値は[OFF](チェックなし)です。

[複数回線使用設定]

増設回線の使い方を設定します。

[回線2通信設定]

増設回線の使い方を、[送信専用]、[受信専用]、[送受信兼用]から選びます。

初期値は[送受信兼用]です。

[ファクスID]

増設回線のファクス番号を入力します(半角数字20桁以内、記号は+、スペースを使用可能)。

入力したファクス番号は発信元情報として印字されます。