ホームWeb設定ツールTSI受信振分け機能を使う

TSI受信振分け機能を使う

TSI(Transmitting Subscriber Identification)とは、送信元のファクス番号のことです。TSI受信振分けは、送信元のファクス番号(TSI)をもとに、受信したファクスを設定したボックスに自動的に振分けたり、ユーザーのコンピューターやメールアドレスに自動転送したりする機能です。

TSI受信振分け機能を有効にすると、以下の機能は併用できません。

  • 転送ファクス、強制メモリー受信、PC-FAX受信

  • 2回線をお使いの場合は、管理者モードの[ファクス設定]-[送信/受信設定]-[回線別受信設定]を設定することで、回線別にTSI受信振分け機能を使えます。

  1. 管理者モードの[ファクス設定]-[機能設定]-[受信データ処理設定]で、[TSI受信振分け設定]を選び、[OK]をクリックします。

  2. 2回線をお使いの場合は、TSI受信振分け機能を設定する回線を選び、[編集]をクリックします。

    • 回線を増設していない場合は、手順3へ進みます。

  3. [TSI受信振分け設定]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [TSI受信振分け設定]

    TSI受信振分け機能を使うときは、[する]を選びます。

    初期値は[しない]です。

    [該当ボックスなし設定]

    ファクス番号(TSI)が未登録で、振分け先がないファクスを受信したときの動作を選びます。

    • [受信印刷]:ボックスに保存せずに印刷します。

    • [強制メモリ受信ボックス]:強制メモリー受信ボックスに保存します。

    • [指定ボックス]:指定したボックスに保存します。[ボックス一覧より選択]をクリックすると、保存先のボックスを一覧から選べます。

    初期値は[受信印刷]です。

    [受信後印刷]

    受信したあとに、本機でも印刷するかどうかを選びます。

    初期値は[しない]です。

  4. [設定して振分け先を登録]をクリックし、[OK]をクリックします。

    [TSI受信振分け先一覧]が表示されます。

  5. [TSI受信振分け先一覧]の一覧から[登録]をクリックし、次の設定をします。

    設定

    説明

    [送信者(TSI)]

    振分け先を登録する送信元のファクス番号(TSI)を入力します(半角数字20文字以内、記号は#、*、+、スペースを使用可能)。

    [振分け先]

    [送信者(TSI)]で入力したファクス番号からファクスを受信したときの、振分け先を指定します。

    • [短縮宛先から選択]:本機に登録されている短縮宛先に振分けます。

    • [グループ宛先から選択]:本機に登録されているグループ宛先に振分けます。

    • [ボックス番号から選択]:本機に登録されているボックスに振分けます。