ホームWeb設定ツール転送ファクス機能を使う

転送ファクス機能を使う

転送ファクスは、受信したファクスを、あらかじめ設定しておいた宛先へ転送する機能です。

個人のメールアドレスに送ったり、コンピューターの共有フォルダーに保存したりできます。受信したファクスをコンピューターで扱えるファイルに変換できるため、印刷コストの削減にもなります。

転送ファクス機能を有効にすると、以下の機能は併用できません。

  • PC-FAX受信、TSI受信振分け、強制メモリー受信

  • 2回線をお使いの場合は、管理者モードの[ファクス設定]-[送信/受信設定]-[回線別受信設定]を設定することで、回線別に転送ファクス機能を使えます。

  1. 管理者モードの[ファクス設定]-[機能設定]-[受信データ処理設定]で、[転送ファクス設定]を選び、[OK]をクリックします。

  2. 2回線をお使いの場合は、転送ファクス機能を設定する回線を選び、[編集]をクリックします。

    • 1回線をお使いの場合は、手順3へ進みます。

  3. [転送ファクス設定]で、次の設定をします。

    設定

    説明

    [転送ファクス設定]

    転送ファクス機能を使うときは、[する]を選びます。

    初期値は[しない]です。

    [出力機能]

    受信したファクスを転送するときに、本機で印刷するかどうかを選びます。

    • [常時印刷]:転送すると同時に、本機でも印刷します。

    • [不達時のみ印刷]:正常に転送できなかった場合だけ、本機で印刷します。

    初期値は[常時印刷]です。

    [転送先]

    受信したファクスの転送先を指定します。

    • [短縮宛先から選択]:本機に登録されている短縮宛先に転送します。

    • [グループ宛先から選択]:本機に登録されているグループ宛先に転送します。

    • [宛先を直接指定する]:入力したファクス番号に転送します。

    [回線指定]

    2回線をお使いの場合は、送信に使う回線を選びます。[指定なし]を選ぶと、空いている回線を使って送信します。

    初期値は[指定なし]です。

    [ファイル形式]

    ファクスを転送するときの、ファイル形式を選びます。

    転送先がファクスの場合を除き、ファクスをファイルに変換できます。

    初期値は[PDF]です。

    [ページ設定]

    原稿が複数ページあるときに、ファイルにするページ単位を選びます。

    • [ページ一括]:すべてのページを1つのファイルに変換します。ただし、[ファイル形式]で[JPEG]を選んだときは、[ページ一括]を選べません。

    • [ページ分割]:ページごとにファイルに変換します。

    初期値は[ページ一括]です。

    [E-Mailへの添付方法]

    転送先がメールアドレスで、[ページ設定]を[ページ分割]に設定したときの、添付のしかたを選びます。

    • [全ファイル一括添付]:すべてのファイルを1通のE-mailに添付します。

    • [1 メール1ファイル]:ファイルごとに1通のE-mailを送信します。

    初期値は[全ファイル一括添付]です。