ホームWeb設定ツールファクス機能の有効/無効を設定する

ファクス機能の有効/無効を設定する

ファクスの誤送信を防ぐための宛先2度入力機能や、Fコード送信、中継受信などの送受信機能の有効/無効を設定します。

管理者モードの[ファクス設定]-[機能設定]-[機能ON/OFF設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[Fコード送信機能]

F コード送信機能を使うかどうかを選びます。

Fコード送信は、SUBアドレスや送信ID(通信パスワード)で送信先の特定のボックスを指定して送信する機能です。送信先の機器もFコード通信に対応している必要があります。送信ID(通信パスワード)は指定しなくても通信できます。親展通信、中継配信、PC-FAX受信をするときに使います。

初期値は[ON]です。

[中継受信機能]

本機をファクスの中継機として使うかどうかを選びます。

本機を中継機として使うと、送信元からファクスを受信し、あらかじめ登録した複数の配信先へ自動配信できます。

初期値は[ON]です。

[中継印刷]

本機をファクスの中継機として使う場合に、受信したファクスを配信すると同時に、本機でも印刷するかどうかを選びます。

初期値は[OFF]です。

[宛先確認表示機能]

ファクスを送信する前に、指定した宛先の一覧を表示するかどうかを選びます。

送信する前に宛先を確認したい場合に[ON]を選びます。誤送信や送信忘れを防ぐために便利な機能です。

初期値は[OFF]です。

[ナンバーディスプレイ機能]

ナンバーディスプレイ機能を使う場合は、チェックをつけます。

ナンバーディスプレイ機能は、電話をかけてきた相手の番号をパネルに表示する機能です。ナンバーディスプレイ機能を使うには、NTTとナンバーディスプレイサービスの契約が必要です。

また、[ネームディスプレイ機能]で、番号と名前のどちらをパネルに表示するかを選びます。

初期値は[OFF](チェックなし)です。

[宛先2度入力機能(送信)]

ファクス番号を直接入力して送信するときに、ファクス番号を2度入力させるかどうかを選びます。

ファクスの誤送信を防ぐために便利な機能です。

初期値は[OFF]です。

[宛先2度入力機能(登録)]

宛先や転送先の登録時など、ファクス番号を登録するときに、ファクス番号を2度入力させるかどうかを選びます。

ファクス番号の誤登録を防ぐために便利な機能です。

初期値は[OFF]です。