ホームWeb設定ツールSMB送信の使用環境を設定する

SMB送信の使用環境を設定する

概要

SMB送信は、本機で読込んだ原稿データを、指定したコンピューターの共有フォルダーに送信する機能です。共有フォルダーは、SMB(Server Message Block)プロトコルを使用して共有されます。

名前解決のために、WINSサーバーを導入している場合は、WINSサーバーを登録します。

ダイレクトホスティングSMBサービスを有効にすると、IPアドレス(IPv4/IPv6)またはホスト名で通信できます。ダイレクトホスティングSMBサービスを有効にすることで、IPv6環境でもSMB送信機能を使用できます。

LLMNR(Link-local Multicast Name Resolution)を使うと、DNSサーバーがない環境でも名前解決ができます。Vista以降のWindowsコンピューター(Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012)で対応しています。IPv6環境で、名前解決を行いたい場合などに便利です。

SMB送信を使う場合は、次の手順で設定してください。

  1. 本機のIPアドレスの設定など、ネットワークに接続して使うための設定をする

    • 設定のしかたは、こちらをごらんください。

  2. SMB送信の基本設定をする

    • 設定のしかたは、こちらをごらんください。

  3. お使いの環境に応じて、次のオプション設定をする

    目的

    参照先

    WINSサーバーを使って名前解決したい

    こちら

    IPv6環境でSMB送信機能を使いたい

    こちら

    DNSサーバーが稼動していない環境で、通信先をホスト名で指定したい
    (Vista以降のWindowsコンピューターで対応)

    こちら

    DFS環境でSMB送信機能を使いたい

    こちら

  • Active Directoryによるユーザー認証を導入している場合は、サーバー上の共有フォルダーや、ログインしたユーザーのコンピューターの共有フォルダーへ簡単に送信できる、Scan to Home機能を使えます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • ユーザー認証を導入している場合は、ユーザー認証の認証情報(ログイン名とパスワード)をSMB宛先の認証情報(ホスト名とパスワード)として引用することで、SMB宛先の認証情報を指定する手間を省き、SMB送信のシングルサインオン環境を構築できます。詳しくは、こちらをごらんください。

SMB送信の基本設定をする

SMB送信を有効にします。あわせて、SMB送信時の認証方式を選びます。

管理者モードの[ネットワーク]-[SMB設定]-[クライアント設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[SMB送信設定]

SMB送信機能を使うときは、[使用する]を選びます。

初期値は[使用する]です。

[SMB認証設定]

お使いの環境に合わせて、SMB送信時の認証方式を選びます。

  • [NTLM v1]/[NTLM v2]/[NTLM v1/v2]:NTドメイン環境でお使いの場合に選びます。[NTLM v1/v2]を選ぶと、NTLMv2認証に失敗した場合にNTLMv1認証を行います。

  • [Kerberos]:Active Directoryドメイン環境でお使いの場合に選びます。

  • [Kerberos/NTLM v1/v2]:Active DirectoryドメインとNTドメインの混在環境でお使いの場合に選びます。Kerberos認証に失敗した場合にNTLMv2認証を行い、NTLMv2認証に失敗した場合にNTLMv1認証を行います。

初期値は[NTLM v1]です。

  • Mac OS X 10.7以降をお使いの場合は、[SMB認証設定]を[NTLM v1/v2]に設定してください。

WINSサーバーを使う

名前解決のためにWINSサーバーを導入している場合は、WINSサーバーのアドレスや、名前解決の方法を設定します。

管理者モードの[ネットワーク]-[SMB設定]-[WINS設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[WINS]

WINSサーバーを使うときは、[使用する]を選びます。

初期値は[使用する]です。

[WINS自動取得設定]

WINSサーバーのアドレスを自動的に取得する場合は、[有効]を選びます。

DHCPなどが有効の場合に設定します。

初期値は[有効]です。

[WINSサーバーアドレス1]~[WINSサーバーアドレス2]

WINSサーバーのアドレスを入力します。

WINSサーバーのアドレスを、DHCPなどで自動的に取得しない場合に設定します。

次のフォーマットで入力します。

  • 入力例:「192.168.1.1」

[ノードタイプ設定]

名前解決の方法を選びます。

  • [Bノード]:ブロードキャストで問い合わせ

  • [Pノード]:WINSサーバーに問い合わせ

  • [Mノード]:ブロードキャスト、WINSサーバーの順に問い合わせ

  • [Hノード]:WINSサーバー、ブロードキャストの順に問い合わせ

初期値は[Hノード]です。

ダイレクトホスティングSMBサービスを使う

ダイレクトホスティングSMBサービスを有効にすると、IPアドレス(IPv4/IPv6)またはホスト名で、通信先を指定できます。

管理者モードの[ネットワーク]-[SMB設定]-[Direct Hosting設定]で、[Direct Hosting設定]を[使用する]に設定します(初期値:[使用する])。

LLMNRで名前解決する

LLMNR(Link-local Multicast Name Resolution)を使うと、DNSサーバーがない環境でも名前解決ができます。Vista以降のWindowsコンピューター(Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012)で対応しています。IPv6環境で、名前解決を行いたい場合などに便利です。

管理者モードの[ネットワーク]-[TCP/IP設定]-[TCP/IP設定]で、[LLMNR設定]を[有効]に設定します(初期値:[無効])。

DFS環境で使う

お使いの環境で、DFS (Distributed File System)を導入している場合に、設定します。

管理者モードの[ネットワーク]-[SMB設定]-[クライアント設定]で、[DFS設定]を[有効]に設定します(初期値:[無効])。