ホームWeb設定ツールIPv6環境で使う

IPv6環境で使う

本機は、IPv6のネットワーク環境に対応しています。

IPv6のネットワーク環境で本機を使うには、本機にIPv6アドレスを割当てます。IPv4環境とIPv6環境で、同時に使えます。

本機をIPv6環境でお使いになる場合は、次のことに注意してください。

  • IPフィルタリング機能が使えません。

  • Windows XPをお使いの場合は、プリンタードライバーのインストーラーを使えません。

  • Adobe Flash Player 9.0 以前をお使いの場合、Web ConnectionをFlash形式で表示できません。

次のSMB共有機能は、ダイレクトホスティングSMBサービスを有効にすることで(初期設定の状態で有効)、IPv6環境でも利用できます。

  • SMB共有プリンターでの印刷

  • SMB共有フォルダーへの送信

  • SMB共有機器の検索

  • NTLMによる認証

管理者モードの[ネットワーク]-[TCP/IP設定]-[TCP/IP設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[TCP/IP]

TCP/IPを使うときは、[使用する]を選びます。

初期値は[使用する]です。

[IPv6]

IPv6を使うときは、[使用する]を選びます。

初期値は[使用する]です。

[IPv6自動設定]

IPv6グローバルアドレスを自動的に設定するには、[使用する]を選びます。

IPv6グローバルアドレスは、ルーターから通知されるプレフィックス長と本機のMACアドレスから、自動的に設定されます。

初期値は[使用する]です。

[DHCPv6設定]

DHCPv6によってIPv6グローバルアドレスを自動設定するときは、[使用する]を選びます。

初期値は[使用する]です。

[IPv6リンクローカルアドレス]

リンクローカルアドレスを表示します。

リンクローカルアドレスは、本機のMACアドレスから自動的に設定されます。

[IPv6グローバルアドレス]

IPv6グローバルアドレスを入力します。

アドレスを手動で設定する場合に入力します。

[IPv6グローバルアドレスプレフィックスレングス]

IPv6グローバルアドレスのプレフィックス長を入力します(半角128文字以内)。

アドレスを手動で設定する場合に入力します。

[IPv6ゲートウェイアドレス]

ゲートウェイアドレスを入力します。

アドレスを手動で設定する場合に入力します。

[DNSサーバー設定(IPv6)]

必要に応じて、IPv6対応のDNSサーバーのアドレスを登録します。

[DNSサーバー自動取得]

DNSサーバーのアドレスを手動で入力するときは、[無効]を選びます。

DHCPv6をお使いの場合は、[有効]を選びます。DHCPサーバーから、DNSサーバーのアドレスを自動的に取得します。

初期値は[有効]です。

[優先DNSサーバー]

お使いのDNSサーバー(プライマリ)のアドレスを直接入力します。

アドレスを手動で設定する場合に入力します。

[代替DNSサーバー1]~[代替DNSサーバー2]

複数のDNSサーバーをお使いの場合は、お使いのDNSサーバー(セカンダリ)のアドレスを入力します。