ホームコピー不正コピーを抑止する

不正コピーを抑止する

隠し文字を印字する([コピープロテクト])

すべてのページに、「コピー」「社外秘」などの文字を、背景パターンの中に目立たない文字として印字します。この機能を、コピープロテクトと呼びます。

コピープロテクトされた用紙をコピーすると、隠し文字が用紙全体に浮き出るため、コピーであることがわかります。

詳しくは、こちらをごらんください。

  • Web Connectionのデータ管理ユーティリティーを使って、コピープロテクトデータの登録や編集ができます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 複合機にコピープロテクトとスタンプの情報を設定するためのアプリケーションソフトウェアとしてCopy Protection Utilityがあります。付属のPAGESCOPE UTILITIES CD-ROMからインストールできます。詳しくは、Copy Protection Utilityのマニュアルをごらんください。

ページ全体にスタンプを追加する([繰り返しスタンプ])

ページ全体に、「コピー」「社外秘」などのスタンプを印字します。

「コピー」「社外秘」などの文字を、目に見える状態でページ全体に印字することで、不正コピーを抑止できます。

詳しくは、こちらをごらんください。

  • Web Connectionのデータ管理ユーティリティーを使って、スタンプデータの登録や編集ができます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 複合機にコピープロテクトとスタンプの情報を設定するためのアプリケーションソフトウェアとしてCopy Protection Utilityがあります。付属のPAGESCOPE UTILITIES CD-ROMからインストールできます。詳しくは、Copy Protection Utilityのマニュアルをごらんください。

コピー禁止情報を埋込む([コピーガード])

コピーガードは、不正コピー防止用に、「社外秘」や日付などの隠し文字を背景の中に目立たないように印字するコピープロテクト機能に、コピーガード用のパターンを埋込んで印字する機能です。

コピーガード機能に対応した装置で、コピーガードされた用紙をコピーしようとしても、コピーガード用のパターンが読取られ、コピーを中断しジョブを破棄します。

詳しくは、こちらをごらんください。

  • コピーガード機能を使うには、オプションのセキュリティーキットを装着し、本機でコピーガード機能を有効にする必要があります。コピーガード機能を有効にする方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  • 色紙、封筒、OHPフィルムには、コピーガード機能は対応していません。

パスワードを埋込む([パスワードコピー])

パスワードコピーは、不正コピー防止用に「社外秘」や日付などの隠し文字を背景の中に目立たないように印字するコピープロテクト機能に、パスワードコピー用のパスワードを埋込んで印字する機能です。

パスワードコピー機能に対応した装置で、パスワードコピーされた用紙をコピーしようとすると、パスワードコピー用のパターンが読取られ、パスワードの入力を求められます。正しいパスワードを入力するとコピーが開始されます。

詳しくは、こちらをごらんください。

  • パスワードコピー機能を使うには、オプションのセキュリティーキットを装着し、本機でパスワードコピー機能を有効にする必要があります。パスワードコピー機能を有効にする方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  • 色紙、封筒、OHPフィルムには、パスワードコピー機能は対応していません。

  • パスワードの入力を3回間違えると、コピー中のジョブは消去されます。