ホームファクスファクスの印刷設定をする(管理者向け)

ファクスの印刷設定をする(管理者向け)

印刷の初期設定について([記録用紙優先選択]/[縮小率])

受信したファクスは、ファクスのサイズによって、次の条件で印刷されます。

A4などの定形サイズで受信したファクスは、受信したファクスと同じ定形サイズの用紙に、少し縮小して印刷します(初期値:[96]%)。

たとえば、A3のファクスはA3の用紙に、B4のファクスはB4の用紙に、それぞれ96%に縮小して印刷します。

ファクスの印刷設定について詳しくは、こちらをごらんください。

  • 定形サイズより縦長のファクスは、ファクスの幅と長さから、最適な用紙サイズを決定し、そのサイズの用紙に印刷します。最適なサイズの用紙がセットされていない場合は、近いサイズの用紙に収まるように印刷します。

印刷する用紙サイズを固定する([記録用紙サイズ])

受信したファクスの用紙サイズの大小にかかわらず、常に指定したサイズの用紙に印刷できます。

受信したファクスと、印刷するサイズに指定した用紙のサイズが違うときは、印刷する用紙サイズに合わせて、拡大または縮小して印刷します。

設定のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

印刷する用紙トレイを固定する([給紙トレイ固定])

受信したファクスの用紙サイズの大小にかかわらず、常に指定したトレイにセットした用紙に印刷できます。

受信したファクスと、指定したトレイにセットした用紙のサイズが違うときは、トレイにセットした用紙サイズに合わせて拡大または縮小して印刷します。

設定のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

  • [給紙トレイ固定]でトレイを指定すると、[記録用紙サイズ]の設定は無視します([記録用紙優先選択]が強制的に[自動選択]に切換わります)。

  • [縮小率]を[等倍]にすると、[給紙トレイ固定]は強制的に[自動]に切換わります。

不定形サイズ(縦長)のファクスを分割して印刷する([ページ分割記録])

定形サイズより縦長のファクスは、縮小して印刷せずに、定形サイズに収まらない分を、次ページとして印刷します。

設定のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

  • [縮小率]を[等倍]にすると、[ページ分割記録]は強制的に[OFF]に切換わり、収まらない部分を次ページ扱いせず、除外して印刷します。

  • [受信原稿両面印刷]が[ON]の場合、[ページ分割記録]は使えません。