ホームファクスECMモードを解除して送信する(ECM)

ECMモードを解除して送信する([ECM])

ECMについて

ECM(Error Correction Mode)は、ITU-T(国際電気通信連合)で定められた誤り再送方式です。

ECMに対応したファクス機の間では、送ったファクスのデータに誤りがないことを確認しながら通信が行われるため、電話回線の雑音などによる画像の乱れを防止できます。

本機は、初期設定ではECMを使った通信を行います。雑音が多い場合はECMを使わない場合と比べて、通信時間が若干長くなることがあります。通信時間を短縮したい場合は、ECMを解除して送信することもできます。

  • 送信先を短縮宛先に登録するとき、ファクス番号の登録に加え、ECMで送信するかどうかを設定できます。

  • ECM機能を解除すると、以下の機能は併用できません。
    V34 OFF、ポーリング送信、ポーリング送信(掲示板)、ポーリング受信、ポーリング受信(掲示板)

操作の流れ

  1. 原稿をセットします。

  2. [ファクス/スキャン]をタップします。

  3. 宛先を指定します。

  4. [応用設定]-[ファクス設定]-[回線設定]をタップします。

  5. [ECM]の設定を解除し、[OK]をタップします。

  6. スタートを押します。

    送信が開始されます。