ホームファクス親展のファクスを送信する(Fコード送信)

親展のファクスを送信する([Fコード送信])

親展通信について

親展通信は、登録番号やパスワードが必要なボックス(親展ボックス)を使って、特定の相手とだけ通信する機能です。

セキュリティーを強化したファクス通信ができます。

  • 送信先の装置にF コード機能が備わっている必要があります。

  • あらかじめ送信先の親展ボックスのボックス番号と、親展受信用の通信パスワードの確認が必要です。

  • 親展通信機能を有効にすると、以下の機能は併用できません。
    パスワード送信、ポーリング送信、ポーリング送信(掲示板)、ポーリング受信、ポーリング受信(掲示板)

  • Fコード送信機能のON/OFFを設定できます(初期値:[ON])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 本機に親展ボックスを登録して親展のファクスを受信することもできます。親展ボックスの登録について詳しくは、こちらをごらんください。

操作の流れ

  1. 原稿をセットします。

  2. [ファクス/スキャン]をタップします。

  3. 宛先を指定します。

  4. [応用設定]-[ファクス設定]-[Fコード送信]をタップし、[ON]をタップします。

  5. [SUBアドレス]と[送信ID]をテンキーで入力し、[OK]をタップします。

    • [SUBアドレス]:親展ボックスのボックス番号を入力します。

    • [送信ID]:親展受信用の通信パスワードを入力します。

    • 数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

  6. スタートを押します。

    送信が開始されます。