ホームファクス中継機を指定して送信する(Fコード送信)

中継機を指定して送信する([Fコード送信])

中継配信について

中継配信は、1通のファクスを中継機に送信すると、受信した中継機が、あらかじめ登録してあるグループ宛先に受信したファクスを配信する機能です。

中継機と配信先を地域別にグループ化して準備しておけば、すべての宛先に同報送信するよりも全体の通信費を抑えられます。遠距離へ同報送信したい場合などに有効です。

  • 送信先の装置(中継機)にF コード機能が備わっている必要があります。

  • あらかじめ中継機に設定された中継用のボックス(中継ボックス)のボックス番号と中継配信用の中継パスワードの確認が必要です。

  • 中継配信機能を有効にすると、以下の機能は併用できません。
    パスワード送信、ポーリング送信、ポーリング送信(掲示板)、ポーリング受信、ポーリング受信(掲示板)

  • Fコード送信機能のON/OFFを設定できます(初期値:[ON])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 本機は、中継機としてもお使いいただけます。詳しくは、こちらをごらんください。

操作の流れ

  1. 原稿をセットします。

  2. [ファクス/スキャン]をタップします。

  3. 中継機のファクス番号を指定します。

  4. [応用設定]-[ファクス設定]-[Fコード送信]をタップし、[ON]をタップします。

  5. [SUBアドレス]と[送信ID]をテンキーで入力し、[OK]をタップします。

    • [SUBアドレス]:中継ボックスのボックス番号を入力します。

    • [送信ID]:中継配信用の中継パスワードを入力します。

    • 数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

  6. スタートを押します。

    中継機への送信が開始されます。中継機で受信されたファクスは、中継機で登録されている配信先へ配信されます。