ホームファクス必要に応じて行う作業

必要に応じて行う作業

よく送信するファクス番号を登録する

よく送信するファクス番号は、あらかじめ本機に宛先として登録することで、送信のたびに入力する手間が省けます。

登録のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

増設した回線の使い方を設定する

2回線をお使いの場合に、2回線目の使い方を設定します。

1本目の回線とは異なる個別の機能を設定すると、2回線で異なった使い方ができます。

設定のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

  • 2回線をお使いの場合は、回線別に異なる発信元名を利用するかどうかを選べます(初期値:[OFF])。詳しくは、こちらをごらんください。
    発信元名の登録のしかたについては、こちらをごらんください。

  • 2回線をお使いの場合は、回線別にファクスを受信するかどうかを選べます(初期値:[OFF])。詳しくは、こちらをごらんください。
    TSI受信振分け機能を回線別に設定できます。詳しくはこちらをごらんください。
    転送ファクス機能を回線別に設定できます。詳しくはこちらをごらんください。
    強制メモリー受信機能を回線別に設定できます。詳しくはこちらをごらんください。
    PC-FAX受信機能を回線別に設定できます。詳しくはこちらをごらんください。

ダイアルイン機能を設定する

ダイアルインサービスをご利用の場合に、ダイアルイン機能の設定をします。

ダイアルイン機能は、ファクス用の番号と電話用の番号のように1 本の電話回線で複数の番号を利用できる機能です。ダイアルイン機能を使うには、NTT とダイアルインサービス(モデムダイアルイン)の契約が必要です。

設定のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

ナンバーディスプレイ機能を設定する

ナンバーディスプレイサービスをご利用の場合に、ナンバーディスプレイ機能の設定をします。

ナンバーディスプレイ機能は、電話をかけてきた相手の番号をパネルに表示する機能です。ナンバーディスプレイ機能を使うには、NTTとナンバーディスプレイサービスの契約が必要です。

詳しくは、こちらをごらんください。

  • ナンバーディスプレイサービスをご利用の場合は、受信を拒否するファクス番号を登録できます。詳しくは、こちらをごらんください。

宛先の指定にLDAPサーバーを使う

ユーザー管理にLDAPサーバーやActive Directoryをお使いの場合は、サーバーを使ってファクス番号の検索や指定ができます。宛先の指定にサーバーを使う場合は、お使いのサーバーを本機に登録します。

登録のしかたについては、Web Connectionを使って説明します。詳しくは、こちらをごらんください。

  • LDAPサーバーを使った検索のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。