ホームスキャン原稿データの保存先をE-mailで知らせる(URL通知)

原稿データの保存先をE-mailで知らせる(URL通知)

URL通知について

スキャン送信またはボックス保存の終了後に、原稿データの保存先を記載したE-mailを、指定のメールアドレスに送信します。

プロジェクトメンバー間で、共有フォルダーやFTPサーバー、WebDAVサーバーなどをファイルの受渡しに使っているときなど、お知らせメールの宛先にメーリングリスト用のメールアドレスを指定することで、情報共有がしやすくなります。

  • 保存先のお知らせができるスキャン送信機能は、SMB送信、FTP送信、WebDAV送信、ボックス保存に限ります。

お使いになるために必要な作業(管理者向け)

E-mail環境を準備します。

設定のしかたについては、Web Connectionを使って説明します。詳しくは、こちらをごらんください。

操作の流れ

  1. 原稿をセットします。

  2. [ファクス/スキャン]をタップします。

  3. 送信先のFTPサーバーを指定します。

  4. [応用設定]-[応用]-[URL通知先設定]で、保存先をお知らせするメールアドレスを選びます。

    • 通知できる宛先(メールアドレス)は1件だけなので、メーリングリストを運用している場合は、メーリングリスト用のメールアドレスを宛先として登録すると便利です。

  5. スタートを押します。

    • 必要に応じて、送信前に[設定確認]をタップし、指定した宛先や設定内容を確認します。

    • 宛先の指定や、オプション設定をやり直したいときは、リセットを押します。

    送信が開始されます。

    • 原稿の読込み中にストップを押すと、読込みを停止し、停止中のジョブの一覧を表示します。原稿の読込みを中止したいときは、一覧から停止中のジョブを削除します。