ホームスキャンその他のオプション設定(応用設定)

その他のオプション設定(応用設定)

原稿の端部(ふち)にある文字や影を消去して読込む([枠消し])

原稿の周囲4辺を、指定した幅で消去します。辺ごとに消去する幅を設定できます。

ファクスのヘッダーやフッターにある受信記録や、原稿のパンチ穴の影を消したいときなどに便利です。

詳しくは、こちらをごらんください。

文字などの境界をくっきりさせる([シャープネス])

表文字、グラフィックなど、画像のエッジ部分を強調して、読みやすくします。

画像の輪郭で、ガタガタした部分をなめらかにしたり、ぼやけた部分をくっきりさせたりします。

詳しくは、こちらをごらんください。

原稿データにファイリング番号を付加する([ファイリングナンバーボックス])

ファイリングナンバーボックスは、原稿データに対してジョブ単位やページ単位でファイリング番号を付加する機能を持ったボックスです。

ファイリングナンバーボックスからファイルを取出すとき、あらかじめ設定しておいた管理用の日時やファイリング番号を、画像内のヘッダーまたはフッターに自動的に付加します。作成元や作成日時を特定できる文書を作成することで、不正な利用を抑止します。

詳しくは、こちらをごらんください。

  • ファイリングナンバーボックスは、あらかじめ登録が必要です。登録のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

送信と同時に印刷する([同時印刷])

E-mail 送信などの各スキャン送信時や、ボックスに保存すると同時に、印刷ができます。

詳しくは、こちらをごらんください。