ホームプリント機密性の高い原稿を印刷する(セキュリティ印刷)

機密性の高い原稿を印刷する([セキュリティ印刷])

セキュリティー印刷について

セキュリティー印刷は、印刷データにIDとパスワードをつけて、本機のボックス(セキュリティー文書ボックス)に保存する機能です。すぐに印刷されないため、印刷物の紛失や置き忘れを防ぐことができます。

ボックスから印刷するには、タッチパネルでIDとパスワードを入力する必要があるため、特に機密性の高い文書を印刷する場合に適しています。

  • コンピューターからの印刷を、セキュリティー印刷だけに限定することができます(初期値:[しない])。詳しくは、こちらをごらんください。

コンピューターからの印刷のしかた

  1. [出力方法]画面の[出力方法:]で[セキュリティ印刷]を選びます。

  2. IDとパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

    • [設定を保存する]にチェックをつけると設定した内容が保存されます。さらに[設定時にこの画面を表示しない]にチェックをつけるとダイアログが表示されません。常に同じIDとパスワードで印刷する場合は、チェックをつけると、次回以降入力する手間が省けます。

  3. 印刷を実行します。

    セキュリティー文書ボックスに保存されます。続いて、「本機での操作」へ進みます。

本機での操作

セキュリティー印刷機能で印刷したデータは、セキュリティー文書ボックスに保存されます。保存されたデータを印刷するには、プリンタードライバーで指定したIDとパスワードの入力が必要です。

印刷のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

  • セキュリティー文書ボックスに保存されているすべてのデータを削除できます。詳しくは、こちらをごらんください。

  • セキュリティー文書ボックスに保存したファイルを自動的に削除するまでの時間を設定できます(初期値:[1日])。詳しくは、こちらをごらんください。