ホームプリントプリンタードライバーを手動で削除する

プリンタードライバーを手動で削除する

インストーラーを使わずにインストールした場合は、手動でプリンタードライバーを削除します。

  1. プリンターのウィンドウを表示します。

    • Windows 8の場合は、スタート画面を右クリックし、[すべてのアプリ]-[コントロール パネル]-[ハードウェアとサウンド]の[デバイスとプリンターの表示]をクリックします。

    • Windows Server 2012の場合は、スタート画面で[コントロール パネル]-[ハードウェア]の[デバイスとプリンターの表示]をクリックします。

    • Windows 7/Server 2008 R2の場合は、スタートメニューから[デバイスとプリンター]をクリックします。
      [デバイスとプリンター]が表示されていない場合は、[コントロール パネル]-[ハードウェアとサウンド]の[デバイスとプリンターの表示]をクリックします。

    • Windows Vista/Server 2008の場合は、スタートメニューから[コントロール パネル]-[ハードウェアとサウンド]の[プリンタ]をクリックします。[コントロール パネル]がクラシック表示になっている場合は、[プリンタ]をダブルクリックします。

    • Windows XP/Server 2003の場合は、スタートメニューから[プリンタと FAX]をクリックします。
      [プリンタと FAX]が表示されていない場合は、[コントロール パネル]-[プリンタとその他のハードウェア]-[プリンタと FAX]をクリックします。[コントロール パネル]がクラシック表示になっている場合は、[プリンタ]をダブルクリックします。

  2. 削除するプリンターのアイコンをクリックします。

  3. プリンタードライバーを削除します。

    • Windows 7/8/Server 2008 R2/Server 2012の場合は、ツールバーの[デバイスの削除]をクリックします。

    • Windows XP/Vista/Server 2003/Server 2008の場合は、キーボードの[Delete]を押します。

  4. 以降は、画面の指示に従って操作します。

    削除が終了すると、ウィンドウからアイコンが消えます。

  5. [サーバーのプロパティ]を開きます。

    • Windows 7/8/Server 2008 R2/Server 2012の場合は、ほかのプリンターを選び、ツールバーの[プリント サーバー プロパティ]をクリックします。

    • Windows Vista/Server 2008の場合は、[プリンタ]ウィンドウの何もない部分を右クリックし、[管理者として実行]-[サーバーのプロパティ]をクリックします。

    • Windows XP/Server 2003の場合は、[ファイル]メニューをクリックし、[サーバーのプロパティ]をクリックします。

    • [ユーザー アカウント制御]に関する画面が表示されるときは、[続行]または[はい]をクリックします。

  6. [ドライバ]タブをクリックします。

  7. [インストールされたプリンタ ドライバ:]一覧から、削除したいプリンタードライバーを選び、[削除...]をクリックします。

    • Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012の場合は、手順8へ進みます。

    • Windows XP/Server 2003の場合は、手順9へ進みます。

  8. 削除の対象を確認する画面で[ドライバとドライバ パッケージを削除する]または[ドライバーとパッケージを削除する]を選び、[OK]をクリックします。

  9. 削除を確認する画面で[はい]をクリックします。

    • Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012をお使いの場合は、さらに削除を確認する画面が表示されますので[削除]をクリックします。

  10. 開いている画面を閉じ、コンピューターを再起動します。

    • 必ず再起動してください。

    以上で、プリンタードライバーの削除の完了です。

Windows XP/Server 2003をお使いの場合は、先の手順でプリンタードライバーを削除しても、機種情報ファイルがコンピューターに残ります。このため同一バージョンのプリンタードライバーを再インストールするとき、ドライバーの書き替えができない場合があります。その場合は以下のファイルも削除してください。

  • 「C:¥WINDOWS¥system32¥spool¥drivers¥w3286」フォルダー(64システムの場合は、「C:¥WINDOWS¥system32¥spool¥drivers¥64」フォルダー)を確認し、該当機種のフォルダーがあれば削除します。ただし、PCLコニカミノルタ製ドライバーとPostScriptコニカミノルタ製ドライバー、ファクスドライバーなど複数のドライバーがインストールされている場合は、全てのドライバーの機種情報が削除されます。ほかのドライバーを残す場合は削除しないでください。

  • 「C:¥WINDOWS¥inf」フォルダーにある「oem*.inf」「oem*.PNF」を削除します(ファイル名の「*」は番号を示し、番号はコンピューターの環境により異なります)。
    削除する前にinfファイルを開いて、最後の数行に記述してある機種名を確認し、該当機種のファイルであることを確認してください。PNFファイルはinfファイルと同じ番号となります。

  • Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012で[ドライバとドライバ パッケージを削除する]または[ドライバーとパッケージを削除する]で操作した場合は、この作業は不要です。