ホーム目的から探すUSBメモリーやAndroid/iOS端末内のファイルを急いで印刷したい

目的から探す

USBメモリーやAndroid/iOS端末内のファイルを急いで印刷したい

USBメモリー内のファイルを直接印刷するには

USBメモリー内のファイルを印刷する

お使いになるために必要な作業(管理者向け)

USBメモリー内のファイルの印刷を許可します。

初期設定ではファイルの印刷は許可されているため、そのままお使いいただけます。

USBメモリーの使用環境の設定について詳しくは、こちらをごらんください。

操作の流れ

印刷できるファイルの形式は、PDF、コンパクトPDFJPEGTIFFXPSコンパクトXPS、OOXML(.docx/.xlsx/.pptx)、PPML(.ppml/.vdx/.zip) です。

  • 暗号化されたPDFや、サーチャブルPDFアウトラインPDFも印刷できます。

  • 1200 dpiで保存されたファイルを印刷する場合は、600 600 dpiに変換されます。

  1. 本機にUSBメモリーを接続します。

    • 本機の起動中は、USB メモリーの抜き差しはしないでください。

  2. [外部メモリーの文書を印刷する]をタップします。

    • ボックスモードで[システム]-[外部メモリー]をタップしても同じ操作ができます。

  3. 印刷したいファイルを選び、[印刷]をタップします。

    • [ファイルパス]で、印刷したいファイルが保存されているフォルダーのパスを直接入力できます。

    • [上へ]をタップすると、上の階層へ移動します。

    • [開く]をタップすると、フォルダーを開き、下の階層へ移動します。

    • [文書詳細]をタップすると、選んだファイルの詳細情報を確認できます。

  4. 必要に応じて、印刷前のオプション設定をします。

    • 印刷時の用紙サイズを選ぶことができます。詳しくは、こちらをごらんください。

    • オプション設定について詳しくは、こちらをごらんください。

  5. スタートを押します。

    印刷が開始されます。

  6. 印刷が完了したら、本機からUSBメモリーを取外します。

  • パスワードが設定されたPDFファイルを印刷すると、パスワード暗号化PDFボックスに保存されます。パスワード暗号化PDFボックスに保存されたファイルの印刷のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

E-mailの添付ファイルを直接印刷するには

受信したE-mailの添付ファイルを印刷する(E-mail受信プリント)

E-mail受信プリントについて

E-mail受信プリントは、本機が受信したE-mailに添付されているファイルを印刷する機能です。

本機のメールアドレス宛にE-mailを送信すれば、プリンタードライバーを使わなくても、コンピューター上のPDFコンパクトPDFJPEGTIFF、XPS、コンパクトXPS、OOXML(.docx/.xlsx/.pptx)、PPML(.ppml/.vdx/.zip)ファイルを本機から印刷することができます。

また、E-mailの添付ファイルを本機のボックスに保存することもできます。

  • この機能を使うには、オプションの拡張メモリーi-Option LK-110 v2が必要です。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

E-mailと添付ファイルの仕様

E-mail受信プリント機能で印刷するには、E-mailおよび添付ファイルが次の条件を満たしている必要があります。

項目

仕様

ファイルの数

最大20ファイル

ファイルの容量

無制限

対応ファイル形式

PDF/コンパクトPDF/XPS/コンパクトXPS/TIFF/JPEG
/OOXML(.docx/.xlsx/.pptx)/PPML(.ppml/.vdx/.zip)

  • 上記ファイル形式でも、長尺サイズのファイルは印刷できません。

E-mail形式

E-mailの形式には、次の制限があります。

  • S/MIMEで暗号化されたE-mailには対応していません。

  • 分割されたE-mailの復元は行いません。

宛先指定方法

宛先(To)、CC、BCC

  • 上記の条件を満たしていないファイルは破棄されます。ファイルの破棄に関する詳細は、ジョブ履歴で確認できます。

  • E-mailの添付ファイルとしてパスワードが設定されたPDFファイルを受信すると、パスワード暗号化PDFボックスに保存されます。

  • E-mailに添付ファイルが存在しない場合、E-mailは破棄されます。

お使いになるために必要な作業(管理者向け)

本機でE-mailを受信するための設定をします。また、E-mail受信プリント機能を有効にします。

受信したE-mailの添付ファイルをボックスに保存して管理したい場合は、保存先のボックスを指定し、自動的にボックスに保存するように設定しておくこともできます。

設定のしかたについては、Web Connectionを使って説明します。詳しくは、こちらをごらんください。

  • ユーザー認証部門管理が有効に設定されている場合、E-mailは破棄されます。

  • ユーザー認証/部門管理を有効に設定している環境でE-mailを受信するには、[認証指定なし印刷]を許可する必要があります(初期値:[禁止])。詳しくは、こちらをごらんください。

E-mail送信時に印刷設定を指定する

送信したE-mailの添付ファイルは、[設定メニュー]-[ユーザー設定]-[プリンター設定]の設定値に従って本機で印刷されます。E-mailの送信ごとに印刷設定を変更したい場合は、お使いのメールソフトで、E-mailの件名欄に決められた設定値を入力することで、印刷設定を指定することができます。

設定値は、件名欄に「設定値@」の形式で入力します。

  • 設定値を1つ指定する場合の入力例:dup@

  • 設定値を複数指定する場合の入力例:dup, box1@

指定できる設定値は次のとおりです。

項目

設定値

説明

両面/片面

dup

印刷する用紙の面を両面に指定します。

simp

印刷する用紙の面を片面に指定します。

原稿の向き

port

原稿の向きをポートレートに指定します。

land

原稿の向きをランドスケープに指定します。

部数

数値

印刷する部数(1~9999)を指定します。

集約

Column+数値

1ページに集約する列の数(1~5)を指定します。

入力例:Column2

Row+数値

1ページに集約する行の数(1~5)を指定します。

入力例:Row3

ステープル

st1

ステープルの数を1点(コーナー)に指定します。

st2

ステープルの数を2点に指定します。

コピープログラム呼出し

m+数値

印刷に適用するコピープログラムの登録番号(1~30)を指定します。

入力例:m1

ボックス指定

box+数値

ファイルを保存するボックスの登録番号(1~999999999)を指定します。

存在しないボックスの登録番号を指定した場合、自動的にボックスを新しく作成してからファイルを保存します。

入力例:box1

  • 「@」は半角のみ対応しています。

  • 「@」以降に入力されている設定値は、印刷設定として扱われません。「@」を入力しない場合、件名全体が設定値として扱われます。

  • 設定値の大文字と小文字は区別しません。設定値以外の文字は無効です。

  • 設定値を「,(カンマ)」でつなげて入力することで、複数の設定値を指定できます。

  • 同じ項目の設定値を複数指定した場合、前に入力している設定値を適用します。

  • コピープログラムを指定した場合、コピープログラムの設定を優先し、その他の個別の設定は無効となります。

  • 基本的な印刷設定は、装置に設定されている印刷設定に従います。設定内容について詳しくは、こちらをごらんください。

本機でE-mailを受信してファイルを印刷する

E-mailが到着しているかどうかを、タッチパネルからメールサーバーに手動で問い合わせます。

[E-mail受信]をタップしてメールサーバーに問い合わせを行い、到着したE-mailがあれば、受信して添付ファイルを印刷します。

  • E-mail受信の設定によっては、E-mailが到着しているかどうかを、本機が一定の間隔(初期値:15分)で自動的にメールサーバーに問い合わせます。到着したE-mailがあれば、受信して添付ファイルを印刷します。

  • E-mailの添付ファイルとしてパスワードが設定されたPDFファイルを受信すると、パスワード暗号化PDFボックスに保存されます。パスワード暗号化PDFボックスに保存されたファイルの印刷のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。

Android/iOS端末内のファイルをWi-Fi Directで印刷するには

Wi-Fi Directを使って印刷する

Wi-Fi Directについて

Wi-Fi Directは、アクセスポイントがなくても、無線で端末を直接接続できる規格です。

Wi-Fi Direct対応のスマートフォンやタブレットPCなどのAndroid/iOS端末から、端末に保存されているファイルを指定して印刷できます。

  • この機能を使うには、オプションの無線LAN接続キットが必要です。

本機側:お使いになるために必要な作業(管理者向け)

本機でWi-Fi Directを使用するための設定をします。

設定のしかたについては、Web Connectionを使って説明します。詳しくは、こちらをごらんください。

端末側:お使いになるために必要な作業

Wi-Fi Direct対応端末と本機をWi-Fi Directで接続します。

  • 端末の操作方法について詳しくは、端末のマニュアルをごらんください。

  • お使いの端末によっては、Wi-Fi Directで本機に接続できないことがあります。詳しくは、端末のマニュアルをごらんください。

  1. 端末の設定メニューで「Wi-Fi Direct」を選びます。

    Wi-Fi Direct対応機器の一覧が表示されます。

  2. 一覧から、本機のSSIDを選択します。

    端末に本機が登録され、接続の設定が完了します。

  • Wi-Fi Directに未対応の端末の場合、Wi-Fi(設定)画面に本機のWi-Fi Direct接続用の仮想SSIDが表示されます。端末のWi-Fi(設定)画面で本機の仮想SSIDを選択することで、端末と本機をWi-Fi Directで接続できます。

  • 本機で[無線チャンネル]が[自動]に設定されている場合、一部のAndroid端末でWi-Fi Directによる接続ができないことがあります。その場合、[無線チャンネル]の設定を固定チャンネルに変更して再接続してください。本機の設定について詳しくは、こちらをごらんください。

Android/iOS端末から印刷する

  • Android/iOS端末にMobile (for iPhone/iPad/Android)のインストールが必要です。

  1. Mobile (for iPhone/iPad/Android)をインストールしたAndroid/iOS端末と本機をペアリングします。

    • 本機のネットワーク情報を、QRコードとして本機の画面に表示できます。Android/iOS端末でQRコードを読取るだけで、簡単に本機とAndroid/iOS端末をペアリングできます。詳しくは、こちらをごらんください。

    • NFC対応Android端末をお使いの場合、NFCを使って、簡単に本機とAndroid端末をペアリングできます。詳しくは、こちらをごらんください。

    • Bluetooth LE対応iOS端末をお使いの場合、Bluetooth LEを使って、簡単に本機とiOS端末をペアリングできます。詳しくは、こちらをごらんください。

  2. 印刷するファイルを指定し、印刷を実行します。

    • 印刷のしかたについて詳しくは、Mobile (for iPhone/iPad/Android)のヘルプをごらんください。

コンピューターから印刷する

コンピューターと本機をWi-Fi Directで接続したあと、コンピューターにプリンタードライバーをインストールします。