ホーム目的から探す宛先を管理したい(管理者向け)

目的から探す

宛先を管理したい(管理者向け)

登録されている短縮宛先を記載したリストを印刷するには([短縮宛先リスト])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [宛先/ボックス登録]
        • [宛先登録リスト]
          • [短縮宛先リスト]

本機に登録された短縮宛先の情報を記載したリストを印刷します。

設定

説明

[個別出力] /[全て出力]

宛先リストの印刷方法を選びます。

  • [個別出力]: 宛先の範囲を指定して印刷する場合に選びます。

  • [全て出力]: すべての宛先を印刷する場合に選びます。

[リスト出力番号]

[個別出力]を選んだ場合に、印刷する範囲を指定します。

  • [指定]:[印刷開始番号]と[出力件数]で指定した範囲の宛先を印刷します。

  • [全件]:[リスト出力宛先種類]で選んだ種類の宛先をすべて印刷します。

  • [印刷開始番号]:印刷を開始する宛先の登録番号を指定します。

  • [出力件数]:印刷する宛先の件数を指定します。

[リスト出力宛先種類]

[個別出力]を選んだ場合に、印刷する宛先の種類を選びます。[リスト出力番号]で指定した印刷範囲から、さらに印刷する宛先を絞込めます。

[印刷]

印刷の設定をする画面に移動します。

必要に応じて、印刷の設定を変更してから[実行]をタップし、印刷を開始します。

登録されているグループ宛先を記載したリストを印刷するには([グループ宛先リスト])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [宛先/ボックス登録]
        • [宛先登録リスト]
          • [グループ宛先リスト]

本機に登録されたグループ宛先の情報を記載したリストを印刷します。

設定

説明

[リスト出力番号]

印刷する範囲を指定します。

  • [指定]:[印刷開始番号]と[出力件数]で指定した範囲の宛先を印刷します。

  • [全件]:グループ宛先をすべて印刷します。

  • [印刷開始番号]:印刷を開始する宛先の登録番号を指定します。

  • [出力件数]:印刷する宛先の件数を指定します。

[印刷]

印刷の設定をする画面に移動します。

必要に応じて、印刷の設定を変更してから[実行]をタップし、印刷を開始します。

登録されているプログラム宛先を記載したリストを印刷するには([プログラム宛先リスト])

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [宛先/ボックス登録]
        • [宛先登録リスト]
          • [プログラム宛先リスト]

本機に登録されたプログラム宛先の情報を記載したリストを印刷します。

設定

説明

[短縮番号] /[グループ]/[直接入力(個別)]/[直接入力(全て)]

宛先リストの印刷方法を選びます。

  • [短縮番号]:短縮宛先を登録したプログラムを印刷する場合に選びます。

  • [グループ]:グループ宛先を登録したプログラムを印刷する場合に選びます。

  • [直接入力(個別)]:宛先を直接入力で登録したプログラムを印刷する場合に選びます。

  • [直接入力(全て)]:宛先を直接入力で登録したプログラムをすべて印刷する場合に選びます。

[リスト出力番号]

[短縮番号]、[グループ]、[直接入力(個別)]のいずれかを選んだ場合に、印刷する範囲を指定します。

  • [指定]:[印刷開始番号]と[出力件数]で指定した範囲のプログラムを印刷します。

  • [全件]:選んだ種類のプログラムをすべて印刷します。[直接入力(個別)]を選んだ場合は、印刷する宛先の種類を[リスト出力宛先種類]で選びます。

  • [印刷開始番号]:印刷を開始するプログラムの登録番号を指定します。

  • [出力件数]:印刷するプログラムの件数を指定します。

[リスト出力宛先種類]

[直接入力(個別)]を選んだ場合に、印刷する宛先の種類を選びます。[リスト出力番号]で指定した印刷範囲から、さらに印刷する宛先を絞込めます。

[印刷]

印刷の設定をする画面に移動します。

必要に応じて、印刷の設定を変更してから[実行]をタップし、印刷を開始します。

ユーザーが参照できる登録宛先を制限するには

 

登録されている宛先情報のバックアップをとるには

本機の設定情報を保存する(エクスポート)

エクスポートできる情報の種類

本機の各種設定情報を、お使いのコンピューターまたはSMB共有フォルダーに保存(エクスポート)できます。本機の各種設定情報のバックアップや、設定情報のコピーにお使いください。

本機からエクスポートできる情報は、次のとおりです。

項目

説明

[デバイス設定]

本機の各種設定値です。

必要に応じて、エクスポートする設定情報ファイルを、パスワードで暗号化できます。

[カウンター]

本機の各種カウンター情報です。

ユーザー別カウンターや部門別カウンターなど、エクスポートするカウンター情報を選べます。

[認証情報]

本機で管理する認証情報です。

全認証情報をエクスポートするか、ユーザー登録情報だけをエクスポートするかを選べます。

必要に応じて、エクスポートする認証情報ファイルを、パスワードで暗号化できます。

[宛先]

本機に登録されている宛先の情報です。

全宛先情報、短縮宛先、グループ宛先、プログラム宛先、E-mailの件名/本文から、エクスポートする情報を選べます。

必要に応じて、エクスポートする宛先情報ファイルを、パスワードで暗号化できます。

[コピープロテクト/スタンプ]

コピープロテクトや、スタンプの登録情報です。

[禁止コードリスト]

弊社が推奨しないOpenAPI連携アプリケーションの、禁止コードリストです。

お使いのコンピューターにエクスポートする

  1. 管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、エクスポートする情報を選び、[エクスポート]をクリックします。

  2. エクスポートする情報に応じて、必要な設定を行います。

    • [デバイス設定]を選んだ場合は、エクスポートする目的を[設定コピー用]、[バックアップ用]から選びます。[設定コピー用]を選んだ場合は、コピーする設定の種類を選びます。

    • [デバイス設定]、[認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、必要に応じてパスワードを入力します。

    • [カウンター]を選んだ場合は、エクスポートするカウンターの種類を選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、すべての情報をエクスポートするかどうかを選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、保存するファイルの形式を選びます。表計算ソフトで編集する場合は、[CSVファイル]を選びます。

  3. [エクスポート先]で、[PCにエクスポートする]を選びます。

  4. [OK]をクリックします。

    ファイルがコンピューターに保存されます。

  • 証明書を登録しているE-mail宛先をエクスポートした場合、証明書はエクスポートされません。本機にインポートしたあとに、証明書を再登録してください。

  • 禁止コードリストについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

SMB共有フォルダーにエクスポートする

  1. 管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、エクスポートする情報を選び、[エクスポート]をクリックします。

  2. エクスポートする情報に応じて、必要な設定を行います。

    • [デバイス設定]を選んだ場合は、エクスポートする目的を[設定コピー用]、[バックアップ用]から選びます。[設定コピー用]を選んだ場合は、コピーする設定の種類を選びます。

    • [デバイス設定]、[認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、必要に応じてパスワードを入力します。

    • [カウンター]を選んだ場合は、エクスポートするカウンターの種類を選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、すべての情報をエクスポートするかどうかを選びます。

    • [認証情報]、[宛先]を選んだ場合は、保存するファイルの形式を選びます。表計算ソフトで編集する場合は、[CSVファイル]を選びます。

  3. [エクスポート先]で、[SMBにエクスポートする]を選びます。

  4. [OK]をクリックします。

  5. SMBサーバーへ接続するための情報を入力します。

    設定

    説明

    [SMBホスト名]

    SMBサーバーのアドレスを入力します。

    入力例:「192.168.1.1」

    [ユーザー名]

    SMBサーバーにログインするためのユーザー名を入力します(半角64文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します(半角64文字以内)。

  6. [接続]をクリックします。

    フォルダーの選択画面が表示されます。

  7. ファイルをエクスポートするフォルダーを選択して、[OK]をクリックします。

    ファイルが、選択したSMB共有フォルダーに保存されます。

登録されている宛先情報を同じ機種の別の複合機に移行するには

本機に設定情報を書込む(インポート)

インポートできる情報の種類

本機からお使いのコンピューターまたはSMB共有フォルダーに保存(エクスポート)した各種設定情報を、本機に書込み(インポート)できます。また、装置の入替えなどで、同じ機種の別の装置からエクスポートした設定情報を移行できます。

本機にインポートできる情報は、次のとおりです。

項目

説明

[デバイス設定]

本機の各種設定値です。

設定情報をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

[認証情報]

本機で管理する認証情報です。

認証情報をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

[宛先]

本機に登録されている宛先の情報です。

宛先情報をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

[コピープロテクト/スタンプ]

コピープロテクトや、スタンプの登録情報です。

[禁止コードリスト]

OpenAPI連携アプリケーションの禁止コードリストです。

お使いのコンピューターからインポートする

  1. 管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、インポートする情報を選び、[インポート]をクリックします。

  2. インポートする情報に応じて、必要な設定を行います。

    • [デバイス設定]、[認証情報]、[宛先]をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

    • [認証情報]をインポートするときは、全認証データのバックアップファイルをインポートするか、ユーザーの登録情報のみをインポートするかを選びます。

    • [宛先]をインポートするときは、全宛先データのバックアップファイルをインポートするか、個別にエクスポートした宛先ファイルをインポートするかを選びます。

    • [宛先]をインポートするとき、[登録番号のみの宛先は、本体へ登録しない。]を選ぶと、インポートするファイルに登録番号のみ記載されている宛先情報は、本機に登録されません。[登録番号のみの宛先は、本体から削除する。]を選ぶと、登録番号のみ登録されている宛先情報を、本機から削除します。

  3. [PCから選択]を選び、[参照]をクリックします。

  4. インポートするファイルを選び、[OK]をクリックします。

    インポート確認画面が表示されます。

  5. [インポート]をクリックします。

    • [認証情報]と[宛先]をインポートするとき、現在本機に登録されている情報とインポートする情報が異なる場合は、[差分]が表示されます。[差分]をクリックすると、本機に登録されている情報と、インポートする情報のどちらを適用するかを選べます。

  • カウンター情報はインポートできません。

  • 禁止コードリストについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

SMB共有フォルダーからインポートする

  1. 管理者モードの[メンテナンス]-[インポート/エクスポート]で、インポートする情報を選び、[インポート]をクリックします。

  2. インポートする情報に応じて、必要な設定を行います。

    • [デバイス設定]、[認証情報]、[宛先]をインポートするときは、エクスポート時に指定したパスワードを入力します。

    • [認証情報]をインポートするときは、全認証データのバックアップファイルをインポートするか、ユーザーの登録情報のみをインポートするかを選びます。

    • [宛先]をインポートするときは、全宛先データのバックアップファイルをインポートするか、個別にエクスポートした宛先ファイルをインポートするかを選びます。

    • [宛先]をインポートするとき、[登録番号のみの宛先は、本体へ登録しない。]を選ぶと、インポートするファイルに登録番号のみ記載されている宛先情報は、本機に登録されません。[登録番号のみの宛先は、本体から削除する。]を選ぶと、登録番号のみ登録されている宛先情報を、本機から削除します。

  3. [SMB一覧から選択]を選び、[SMB一覧]をクリックします。

  4. SMBサーバーへ接続するための情報を入力します。

    設定

    説明

    [SMBホスト名]

    SMBサーバーのアドレスを入力します。

    入力例:「192.168.1.1」

    [ユーザー名]

    SMBサーバーにログインするためのユーザー名を入力します(半角64文字以内)。

    [パスワード]

    [ユーザー名]に入力したユーザー名のパスワードを入力します(半角64文字以内)。

  5. [接続]をクリックします。

    フォルダーの選択画面が表示されます。

  6. インポートするファイルを選び、[OK]をクリックします。

    インポート確認画面が表示されます。

  7. [インポート]をクリックします。

    • [認証情報]と[宛先]をインポートするとき、現在本機に登録されている情報とインポートする情報が異なる場合は、[差分]が表示されます。[差分]をクリックすると、本機に登録されている情報と、インポートする情報のどちらを適用するかを選べます。

  • カウンター情報はインポートできません。

  • 禁止コードリストについて詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

登録されている宛先情報をすべて消去するには

宛先情報をすべて消去する

本機に登録されている宛先情報を、すべて削除できます。

管理者モードの[メンテナンス]-[初期化]-[宛先一括消去]で、[フォーマット]をクリックします。