ホーム機能 / 設定キーの説明セキュリティー設定

セキュリティー設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [セキュリティー設定]

パスワードの設定やデータ管理方法など、本機のセキュリティ機能を設定します。

設定

説明

[管理者パスワード]

必要に応じて、本機の管理者パスワードを変更します。

[管理者パスワード変更許可設定]

管理者パスワードの変更を許可するかどうかを、機能ごとに設定します。

[ボックス管理者設定]

本機でユーザー認証を導入している場合に、必要に応じて、ボックス管理者を設定します。

ボックス管理者は、全ユーザーのボックスの登録/削除や、ユーザーボックスとシステムボックス内のファイルの利用ができます。システムボックスの[外部メモリー]では、ファイルの印刷だけ利用できます。

本機の管理者が、ボックス内のファイルの管理だけを委任したい場合に、ボックス管理者を設定します。

[ユーザー開放レベル]

管理者が設定する項目のうち、ユーザーに設定変更を認めるレベルを選びます。

[USB接続許可設定]

USBポートを使う機能を許可するかどうかを設定します。

[FW更新(USB)許可設定]

サービスエンジニアがUSBメモリーを使って本機のファームウェアを更新するときに、パスワードの入力を要求するための設定をします。

[セキュリティー詳細]

認証操作やデータ管理に関する機能を制限して、セキュリティを強化します。

[セキュリティー強化設定]

セキュリティ強化モードを有効にするかどうかを選びます。

セキュリティ強化モードを有効にすることで、さまざまなセキュリティ機能が連動して設定されます。データ管理において安全性をより高めることができます。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

[ストレージ管理設定]

本機のストレージを管理します。ハードディスクに保存されたデータの消去や、ハードディスクをパスワードや暗号化によって保護することで、個人情報や企業情報の漏洩を防ぎます。

[管理機能設定]

カウントの管理が困難なネットワーク機能を使うかどうかを選びます。

[スタンプ設定]

印刷または送信するときに、原稿データに強制的にスタンプを付加するかどうかを選びます。また、本機に登録されているスタンプを削除します。

[ドライバーパスワード暗号化設定]

プリンタードライバーを使って印刷するときに、ユーザーパスワードや部門パスワードのような認証パスワードを暗号化するための、暗号化ワードを変更します。

本機とプリンタードライバーの両方に、同一の暗号化ワードを設定する必要があります。

[FIPSモード設定]

FIPS(Federal Information Processing Standardization)モードを有効にするかどうかを選びます。

FIPSは、暗号化モジュールに対するセキュリティ要件を規定したもので、アメリカ連邦政府省庁などで利用されています。FIPSモードを有効にすることで、本機の機能がFIPSに適合します。

[メンテナンスモード許可]

サービスエンジニアが認証なしで装置の[管理者設定]を変更することを許可するかどうかを選びます。

[簡単セキュリティー設定]

本機のセキュリティ強度を高めるための設定がまとめられています。本機をより安全にお使いいただくために、設定を変更することをすすめします。

[データバックアップ]

本機の設定データをハードディスクやサーバーへ、バックアップまたはリストアをするための設定をします。