ホーム機能 / 設定キーの説明シングルサインオン設定

シングルサインオン設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ネットワーク設定]
        • [シングルサインオン設定]

本機をActive Directoryのドメインに参加させ、シングルサインオン環境を構築するための設定をします。

[管理者設定]-[ユーザー認証/部門管理]-[認証方式]-[ユーザー認証]-[認証方式]で[外部サーバー認証]または[本体+外部サーバー]を選んだ場合に設定できます。

設定

説明

[ドメイン参加設定]

本機のサービスをドメインに参加させるための設定をします。

本機のサービスをドメインに参加させることで、ユーザーはActive Directoryによる1度の認証で本機のサービスを利用できます。

[使用する]/[使用しない]

シングルサインオンを使うかどうかを選びます。

ホスト名、ドメイン名、アカウント名、パスワードを入力して[OK]を押すと、ドメイン参加処理を実行します。

初期値は[使用しない]です。

[ホスト名]

本機のホスト名を入力します(半角253文字以内)。

[管理者設定]-[ネットワーク設定]-[TCP/IP設定]-[DNSホスト]で設定したホスト名を入力します。

[ドメイン名]

Active Directoryのドメイン名を入力します(半角64文字以内)。

[アカウント名]

Active Directoryドメインの管理者アカウント名を入力します(半角64文字以内)。

[パスワード]

Active Directoryドメインの管理者パスワードを入力します(半角64文字以内)。

[通信タイムアウト]

必要に応じて、ドメイン参加処理のタイムアウト時間を変更します。

初期値は[30秒]です。

[サービス一覧]

Active Directoryドメインに参加している本機のサービスの一覧を表示します。

本機がActive Directoryドメインに参加すると、[PRINTER]が表示されます。

[認証情報保持時間設定]

ユーザーがActive Directoryドメインに参加している本機のサービスを利用する場合に、ユーザーの認証情報を本機に保持する時間を変更します。

本機に認証情報が保持されている間は、ユーザーは認証情報を再利用できるため、再度認証することなく本機のサービスを利用できます。

初期値は[1時間]です。