ホーム機能 / 設定キーの説明ユーザー登録

ユーザー登録

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ユーザー認証/部門管理]
        • [ユーザー認証設定]
          • [ユーザー登録]

ユーザー情報を登録します。また、ユーザーごとの機能制限や印刷枚数の上限を設定します。

登録番号を選んで、[編集]をタップするとユーザーを登録/編集する画面が表示されます。

パブリックユーザーの機能制限を変更するときは、登録番号を選ぶ画面で[]をタップし、[Public]を選んでから[編集]をタップします。

設定

説明

[ユーザー名]

本機にログインするときのユーザーの名前を入力します(全角/半角64文字以内)。

登録済みのユーザーと重複するユーザー名は設定できません。また、ユーザー名は 1度登録すると変更できません。

[ユーザーパスワード]

本機にログインするときのパスワードを入力します(半角64文字以内)。

[E-mailアドレス]

必要に応じて、ユーザーのメールアドレスを入力します(半角320文字以内)。

メールアドレスを登録すると、Scan to Me機能やScan to URL機能をを利用できます。

[上限設定]

ユーザーが印刷できる枚数の上限を設定します。

  • [トータル管理]:印刷できる合計の枚数を設定します。上限を設定しない場合は、[無効]を選びます。

[全ユーザー一括]をタップすると、すべてのユーザーに対して、上限設定を適用します。

初期値は[無効]です。

[認証情報登録]

認証装置を使ってのユーザー認証を導入している場合、[編集]をタップして、認証情報を登録します。

[削除]をタップすると認証情報を削除します。

[機能制限/権限]-[機能制限]

ユーザーが使える機能を制限します。

次の機能ごとに許可するかしないかを設定します。

  • [コピー操作]:初期値は[許可する]です。

  • [スキャン操作]:初期値は[カラー・ブラック許可]です。

  • [ファクス操作]:初期値は[カラー・ブラック許可]です。

  • [プリンター印字]:初期値は[許可する]です。

  • [蓄積文書操作]:初期値は[許可する]です。

  • [送信文書印字]:初期値は[許可する]です。

  • [外部メモリー保存]:初期値は[許可しない]です。

  • [外部メモリー文書読込み]:初期値は[許可しない]です。

  • [手動宛先入力]:初期値は[許可する]です。

  • [生体/ICカード情報登録]:初期値は[許可しない]です。

  • [Webブラウザー]:初期値は[許可する]です。

[全ユーザー一括]をタップすると、すべてのユーザーに対して、機能制限を適用します。

[機能制限/権限]-[権限設定]

ユーザーに管理者権限を付与します。

  • [管理者権限]:初期値は[付与しない]です。

  • [ボックス管理者権限]:初期値は[付与しない]です。

[全ユーザー一括]をタップすると、すべてのユーザーに対して、権限の付与を適用します。

[管理者設定]-[ユーザー認証/ 部門管理]-[ユーザー認証設定]-[管理設定]-[管理者権限でのログイン許可]で[許可する]を選んだ場合に設定できます。

[一時利用停止]

必要に応じて、登録ユーザーを一時的に無効にします。[停止する]を選ぶと、本機にログインできなくなります。

[全ユーザー一括]をタップすると、すべてのユーザーに対して、本機の利用を一時的に停止します。

初期値は[停止しない]です。

[機能パターンカスタマイズ]

コピー、ファクス/スキャン、ボックスの各モードに表示する機能キーの表示パターンを、ユーザーごとに選びます。

  • [Full]:すべての機能キーを表示します。

  • [Standard]:一般的によく使われる機能キーを表示します。

  • [Basic]:[Standard]よりもさらに基本的な機能キーだけを表示します。

  • [設定しない]:ユーザー独自の設定はしません。本機の設定を適用します。

[管理者設定]-[環境設定]-[画面カスタマイズ設定]-[ユーザー/部門別機能パターン許可]で[許可する]を選んだ場合に設定できます。

初期値は[設定しない]です。

[部門認証の連動]

ユーザー認証と部門管理を導入している場合に、ユーザー認証と部門認証を連動するかどうかを選びます。

[全ユーザー一括]をタップすると、すべてのユーザーに対して、ユーザー認証と部門管理を連動する設定を適用します。

[管理者設定]-[ユーザー認証/部門管理]-[認証方式]-[ユーザー認証/部門認証の連動]で[ユーザーが設定する]を選んだ場合に設定できます。

[所属部門]

ユーザー認証と部門管理を導入し、ユーザー認証と部門認証を連動している場合に、ユーザーが所属する部門を選びます。

あらかじめ部門の登録が必要です。

  • 登録したユーザーの情報を変更するときは、登録番号を選び、[編集]をタップします。

  • 登録したユーザーを削除するときは、登録番号を選び、[削除]をタップします。

  • ユーザー認証と部門管理を組合わせて利用する場合は、あらかじめ[管理者設定]-[ユーザー認証/部門管理]-[部門管理設定]-[部門登録]で、部門情報を登録してください。

  • 外部の認証サーバーで認証したユーザーの情報も登録されます。必要に応じて、外部の認証サーバーで認証したユーザーの[上限設定]、[機能制限]、[機能パターンカスタマイズ]、[部門認証の連動]、[所属部門]の設定を変更できます。