ホーム拡張機能装置定義ファイルについて(管理者向け)

装置定義ファイルについて(管理者向け)

装置定義ファイルは、装置情報が記述されたXML形式のファイルです。

装置情報を作成することで、LK-114_ManagerPortの設定で装置情報を入力する手間が省けます。

装置定義ファイルのXMLの階層構造は、次のとおりです。 

No.

タグ

 タグ内の記述

1

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

XMLのバージョンおよびエンコードを記述します。

2

<Address>

ストレージ機のIPアドレスまたはプリンター名を記述します。

3

<Port>

ストレージ機のポートを記述します。

4

<Name>

ストレージ機の説明を記述します。

5

<Address>

クライアント機のIPアドレスまたはプリンター名を記述します。

6

<Port>

クライアント機のポートを記述します。

7

<Name>

クライアント機の説明を記述します。

装置定義ファイルを作成する場合は、次の点に注意してください。

  • 本体の装置情報を追加する場合は、<MFP>タグの単位で追加します。また、<MFP>タグは本体の台数に応じて複数の記述ができます。

  • <Storage>および <Client>タグ内の本体装置情報をLK-114_ManagerPort通信設定画面の[装置]リストに表示します。

  • [優先MFP情報]の[装置]リスト:<Storage>タグ内の本体装置情報

    [代替MFP情報]の[装置]リスト:<Storage>タグ内の本体装置情報 + <Client>タグ内の本体装置情報

  • [装置]リストの表示形式は、<Name>タグの値 +(<Address>タグの値)です。