ホーム拡張機能ユビキタスグループ情報の設定ファイルをローカル環境で作成する

ユビキタスグループ情報の設定ファイルをローカル環境で作成する

ネットワーク上に本体が存在しないローカル環境で、ユビキタスグループを作成できます。

LK-114_Editor for SetupToolを使用して、ユビキタスグループを構成する本体のIPアドレスなどの情報を設定し、ユビキタスグループの設定ファイルを作成します。

LK-114_SetupToolで設定ファイルを読込むと、ユビキタスグループを登録できます。

  • あらかじめ、ユビキタスグループに追加する本体の、IPアドレスまたはホスト名、管理者パスワード、OpenAPIユーザー名、OpenAPIパスワードを確認してください。

  1. LK-114_SetupToolを使用して、ユビキタスグループ設定ファイルをエクスポートします。

    • 詳しくは、こちらをごらんください。

  2. [LK114EditorForSetupTool.exe]をダブルクリックします。

    LK-114_Editor for SetupToolが起動します。

  3. [インポートファイル読み込み]をクリックします。

  4. ユビキタスグループ設定ファイルを選択し、[開く]をクリックします。

  5. [装置設定情報]に、グループに追加したい本体の情報を入力します。

    • [ユビキタスグループ名]:本体を追加するユビキタスグループ名を入力します。

    • [装置IPアドレス/ ホスト名]:本体のIPアドレスまたはホスト名を入力します。

    • [管理者パスワード]、[OpenAPIユーザー名]、[OpenAPIパスワード]:本体の管理者パスワード、OpenAPIユーザー名、OpenAPIパスワードを入力します。

  6. 本体をストレージ機として使用する場合は、[ストレージ機能]で[ON]を選択します。

    • [印刷後のドキュメント削除]:ストレージ機に蓄積されたプリントジョブが印刷された時点で、ジョブを自動的に削除するかどうかを設定します。

    • [ドキュメントの有効期限]:ストレージ機に蓄積されたプリントジョブのデータを自動的に削除するまでの時間を設定します。

    • [IPPタイムアウト(秒)]:IPPを使用して印刷するときのタイムアウト時間を設定します。

  7. 本体をクライアント機として使用する場合は、[クライアント機能]で[ON]を選択します。

    • [プロトコル設定]:ユビキタスプリントで使用するプロトコルを、[IPP]または[Raw]ポートから選択します。

    • [タイムアウト(秒)]:ストレージ機へ接続するときのタイムアウト時間を設定します。

  8. [追加]をクリックします。

    本体の情報が、画面下の一覧に表示されます。

  9. すべての本体をグループに追加したら、[インポートファイル作成]をクリックします。

    設定ファイルが、LK-114_SetupToolと同じフォルダーに作成されます。

  10. LK-114_SetupToolを起動して、設定ファイルを読込みます。

    • 設定ファイルを読込む方法については、こちらをごらんください。

  • すでに追加されている本体の設定情報を変更するには、一覧から本体を選択して、[装置設定情報]で設定を変更します。設定を変更したあと、[適用]をクリックします。