ホームWeb設定ツール認証情報のない印刷を制限する

認証情報のない印刷を制限する

認証情報のない印刷ジョブ(プリンタードライバーで、ユーザー認証や部門管理を正しく設定しないまま印刷指示したジョブ)を許可するかどうかを選びます。

管理者モードの[ユーザー認証/部門管理]-[認証指定なし印刷]で、次の設定をします。

設定

説明

[認証指定なし印刷]

認証情報のない印刷ジョブを許可するかどうかを選びます。

  • [許可]:モノクロ印刷を許可します。

  • [禁止]: 認証情報のない印刷ジョブを禁止します。

初期値は[禁止]です。

[IP許可設定]

[認証指定なし印刷]で[許可]を選んだ場合に、印刷を許可するコンピューターをIPアドレスで制限するときは[有効]を選びます。あわせて、IPアドレスの範囲を入力します。

1つのIPアドレスからのアクセスを許可する場合は、片方だけの入力でも設定できます。

  • 入力例:「192.168.1.1 」

初期値は[無効]です。

  • 認証情報のない印刷を許可すると、パブリックユーザーのジョブとしてカウントします。