ホームWeb設定ツールボックスを登録する

ボックスを登録する

共有/個人/グループボックスを登録します。

  • 個人ボックスは、ユーザー認証を導入している場合に利用できるボックスです。

  • グループボックスは、部門管理を導入している場合に利用できるボックスです。

管理者モードの[ボックス]-[ボックス一覧]-[新規登録]で、次の設定をします。

設定

説明

[ボックスNo.]

ボックスの登録番号です。[空き番号を使う]を選ぶと、空いている小さい数字から自動的に登録されます。番号を指定したいときは、[直接入力する]を選び、1 ~ 999999999 の範囲で入力します。

[ボックス名]

ボックスの名前を入力します(半角20文字/全角10文字以内)。

登録するボックスに、わかりやすい名前をつけます。

[ボックスパスワードを使用する]

ボックスの利用をパスワードで制限する場合は、チェックをつけてから、パスワードを入力します(" を除く半角64文字以内)。

[検索文字]

ボックスを[ボックス名]でインデックス検索できるように、該当する文字を選びます。

[ボックスタイプ]

ユーザー認証や部門管理の状況により、[共有]/[個人]/[グループ]を選べます。

  • [個人]を選んだときは所有ユーザーを指定します。

  • [グループ]を選んだときは所有部門を指定します。

[ボックス内ドキュメント削除時間]

ボックスにファイルを保存した日時、または最後に印刷、送信した日時から、自動的に削除するまでの時間を設定します。

  • [削除しない]:ボックスにファイルを残します。

  • [日数設定]:自動的に削除するまでの日数を選びます。

  • [時間設定]:自動的に削除するまでの時間を入力します。

[ボックス拡張機能]

ボックスの拡張機能を設定する場合には、[表示]をクリックします。

[親展受信]

ボックスに親展受信の機能を付加する場合には、[親展受信]にチェックをつけます。あわせて、親展受信用のパスワードを入力します(半角8文字以内)。

ここで設定したパスワードは、本機へ親展送信するときに必要です。送信元に、設定したパスワードを連絡してください。

この機能を使うには、オプションのFAXキットが必要です。

[SMBフォルダーへの文書自動登録]

本機の共有ボックスに保存されたファイルを、SMBプロトコルでネットワーク上で共有する場合には、[使用する]を選びます。

次の場合に設定できます。

  • [ボックスタイプ]で[共有]を選んでいる

  • 管理者モードの[ネットワーク]-[SMB設定]-[SMBサーバー設定]で、[SMBサーバー設定]および[SMBファイル共有設定]を有効にしている

  • [親展受信]にチェックをつけていない

初期値は[使用しない]です。