ホームボックス印刷前のオプション設定

印刷前のオプション設定

画像を拡大/縮小して印刷する([倍率])

ファイルの画像サイズを指定した倍率で拡大または縮小して印刷します。

設定

説明

[保存時の設定]

保存したときに設定した倍率で印刷します。

[+]/[-]

倍率を手動で入力します。倍率はテンキーでも入力できます。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

固定倍率

定形サイズの用紙に印刷するときに、あらかじめ固定された倍率を選びます。

[小さめ]

サイズを少し縮小したあと、中央に配置して印刷します。

端の画像が欠けないように印刷したいときに選びます。

[登録倍率]

登録されている倍率で印刷します。

用紙を指定する([用紙])

用紙のサイズと種類を選んで印刷します。

設定

説明

[自動]

サイズに合った用紙を自動的に選んで印刷します。

[1]~[4]

用紙を指定して印刷します。

[]

手差しトレイにセットされた用紙に印刷します。

  • [用紙]は、外部メモリーから印刷する場合に設定できます。

用紙の両面に印刷する([片面/両面])

用紙の両面に印刷するか、片面に印刷するかを選びます。

用紙の両面に印刷すると、用紙の使用量を半分に節約できます。また、ページ集約機能と組合わせれば、用紙の使用量をさらに節約できます。

設定

説明

[片面/両面]

用紙の片面または両面に印刷します。

[連続印刷] *1

[片面/両面]で[両面]を選んだときに設定できます。

奇数ページのファイルを印刷したあとに、次のファイルを続けて裏面に印刷したいときに選びます。

[開き方向/とじ方向] *2

[片面/両面]で[両面]を選んだときに設定できます。

用紙の開き方向を選びます。

*1 [連続印刷]は、ユーザーボックスでバインド印刷を行う場合に表示されます。

*2 [開き方向/とじ方向]は、外部メモリーから印刷する場合に表示されます。

複数のページを1枚の用紙の同じ面に印刷する([ページ集約])

複数のページ(2ページ、4ページ、8ページ)を、1枚の用紙の同じ面に縮小して印刷することで、用紙の使用量を節約できます。

[4 in 1]または[8 in 1]を選んだときは、集約したページの配置のしかたを[横順]、[縦順]から選べます。

また、両面印刷機能と組合わせれば、用紙の使用量をさらに節約できます。

ステープルでとじる([ステープル])

印刷した用紙を1部ずつステープル(コーナーまたは2 点)でとじて排紙します。企画書など、1冊の資料として仕上げたい場合に便利です。

設定

説明

[コーナー]

用紙のコーナー1箇所(左上もしくは右上)をステープルでとじてから排紙します。

[2点]

用紙の2箇所(上、左、右)をステープルでとじてから排紙します。

[位置指定]

とじ位置を選びます。とじ位置を[自動]に設定すると、印刷するファイルの方向からとじ位置を自動的に決定します。

  • ステープル機能を使うには、オプションのフィニッシャーが必要です。

パンチ穴をあける([パンチ])

印刷した用紙に、ファイリング用のパンチ穴(とじ穴)をあけてから排紙します。バインダーなどで資料を整理したい場合に便利です。

設定

説明

[位置指定]

パンチ位置を選びます。パンチ位置を[自動]に設定すると、印刷するファイルの方向からパンチ位置を自動的に決定します。

  • パンチ機能を使うには、オプションのフィニッシャーパンチキットが必要です。

紙折り/中とじする([紙折り/中とじ])

印刷物を、紙折りや中とじして排紙します。

中折り

印刷した用紙を2つ折りにしてから排紙します。また、折りの単位を[部単位]、[1枚ごと]、[ページ単位]から選びます。[ページ単位]を設定した場合は、一度に折り加工するページ数を指定します。

三つ折り

印刷した用紙を3つ折りにしてから排紙します。また、折りの単位を[部単位]、[1枚ごと]、[ページ単位]から選びます。[ページ単位]を設定した場合は、一度に折り加工するページ数を指定します。

中とじ

印刷した用紙を中央で2つ折りし、ステープルでとじてから排紙します。

Z折り

印刷した用紙の長辺をZ折りにして、排紙します。

  • bizhub 558/458の場合:
    中折り/中とじ/三つ折り機能を使うには、オプションのフィニッシャー FS-537 SDまたはオプションのフィニッシャー FS-536 SDが必要です。
    Z折り機能を使うには、オプションのフィニッシャー FS-537/FS-537 SDZ折りユニットが必要です。

  • bizhub 368/308の場合:
    中折り/中とじ/三つ折り機能を使うには、オプションのフィニッシャー FS-536 SDが必要です。

  • 三つ折り機能は、ユーザーボックス、セキュリティ文書ボックス、ファイリングナンバーボックス、外部メモリーから印刷する場合に設定できます。

部単位で排紙する([グループ/ソート])

複数の部数を印刷するときに、排紙する順番をソートにするかグループにするかを選びます。

ソート機能と仕分け機能を組合わせると、部単位で排紙位置をずらすことができるため、配布用の資料を簡単に作ることができます。

設定

説明

[グループ(ページごと)]

「111」「222」「333」「444」「555」のようにページごとに区別して排紙します。

[ソート(1部ごと)]

「12345」「12345」「12345」のように1 部ずつ区別して排紙します。

1部ずつ排紙位置をずらして排紙する([仕分け])

複数の部数を印刷するときに、部数またはページ単位で排紙位置をずらして、区切りが分かるように排紙します。

フィニッシャー またはセパレーター JS-506を装着している場合、印刷が完了した用紙を部数またはページ単位でずらして排紙します。

フィニッシャー またはセパレーター JS-506を装着していない場合、以下の条件を満たすと、印刷が完了した用紙を部数またはページ単位で、用紙をタテヨコ交互に仕分けして排紙します。

  • A4、B5または8-1/2 11の用紙を使う

  • サイズと種類の同じ用紙を方向と方向にセットする

  • 用紙/サイズ機能で自動用紙を設定する

ソート機能と仕分け機能を組合わせると、部単位で排紙位置をずらすことができます。配布用の資料を印刷するときに便利です。

シート/ブックを印刷する([シート/ブック印刷])

OOXML形式の.xlsxファイルを印刷するときに、選択しているシートだけを印刷するか、ブック全体を印刷するかを選びます。

設定

説明

[ブック全体]

すべてのシートを印刷します。

[現在のシート]

選択しているシートだけを印刷します。

  • [シート/ブック印刷]は、外部メモリーから印刷する場合に設定できます。

PDFファイルや、XPSファイル、OOXML形式ファイルの複数のページを1枚の用紙の同じ面に印刷する([ページ割付])

PDFファイルや、XPSファイル、OOXML形式ファイルの複数のページを、1ページに集約して印刷することで、用紙の使用量を節約できます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

集約をするときに[ON]を選びます。

[ページ割付数]

1ページあたりに配置する原稿画像数の行、列数(最大5行 5列)を指定します。

[集約順]

レイアウトのしかたを[横順]、[縦順]から選びます。

[集約方向]

配置する原稿画像の並びかたを指定します。

[レイアウト設定]

配置する画像の間隔や倍率、ページの余白などを設定します。

  • [ページ枠印刷]:ページの周りに枠を付けるときに選びます。

  • [ページ割付]は、外部メモリーから印刷する場合に設定できます。

小冊子のように印刷する([小冊子])

小冊子の形態になるように、原稿データの順番を並換え、見開きで両面印刷します。開き方向を指定したり、表紙/裏表紙を挿入したりすることもできます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

小冊子を設定するときに[ON]を選びます。

[左開き]/[右開き]

印刷したあとの開き方向を選びます。

[紙折り/中とじ]

印刷した用紙の中央をステープルでとじたり、用紙の中央を2つ折りにしたりしてから排紙します。

  • [中折り]:印刷した用紙を中央で2つ折りにしてから排紙します。

  • [中とじ]:印刷した用紙を中央で2つ折りし、ステープルでとじてから排紙します。

[カバーシート]

小冊子に表紙として本文と異なる用紙を挿入するときに設定します。

  • [表コピー]:原稿の先頭ページを表紙に印刷するときに選びます。

  • [表白紙]:表紙を白紙で挿入するときに選びます。

  • [用紙]:表紙に使う用紙を選びます。

  • bizhub 558/458の場合:
    中折り/中とじ機能を使うには、オプションのフィニッシャー FS-537 SDまたはオプションのフィニッシャー FS-536 SDが必要です。

  • bizhub 368/308の場合:
    中折り/中とじ機能を使うには、オプションのフィニッシャー FS-536 SDが必要です。

用紙にとじしろを作る([とじしろ])

印刷した用紙をとじるためのとじしろ(余白)を作って印刷します。とじ方向を選び、とじ方向のとじしろ量を調整します。

とじしろを大きくすることで、画像の位置が偏ってズレてしまった場合は、画像を上下左右にシフトし、元の位置に戻して印刷できます。用紙をファイリングするときに、画像の位置を調整でき便利です。

設定

説明

[ON]/[OFF]

とじしろを設定するときに[ON]を選びます。

[とじしろ方向]

用紙のとじ方向を選びます。

  • [自動]:とじ方向が自動で設定されます。ファイルの長辺が297 mm以下の場合、用紙の長辺にとじしろを設定します。ファイルの長辺が297 mmを超える場合、用紙の短辺にとじしろを設定します。

  • [左開き/とじ]:用紙の左側にとじしろを作りたいときに選びます。

  • [右開き/とじ]:用紙の右側にとじしろを作りたいときに選びます。

  • [上開き/とじ]:用紙の上側にとじしろを作りたいときに選びます。

[とじしろ量の調整]

とじしろの量を0.1 mm単位で調整します。

[+]/[-]またはテンキーをタップして調整します。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

  • ステープルやパンチの位置指定ととじしろの位置が異なる場合、ステープルやパンチ位置の設定が優先されます。

  • とじしろの設定によって画像が欠けてしまう場合は、倍率を縮小して印刷してください。

印刷位置を微調整する([画像シフト])

用紙に対する画像の印刷位置を、上下左右にずらして細かく調整します。印刷位置を少しだけ調整したい、印刷位置を表裏で変えたいなど、微調整が必要なときに使います。

設定

説明

[ON]/[OFF]

画像シフトを設定するときに[ON]を選びます。

[表面]/[裏面]

画像の位置を上下左右にずらして調整します。

  • [左へシフト]/[右へシフト]:左右にずらします。[+]/[-]またはテンキーをタップして、シフト量を調整します。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

  • [上へシフト]/[下へシフト]:上下にずらします。[+]/[-]またはテンキーをタップして、シフト量を調整します。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

[裏面も同じ]

表面と同じ画像シフトの設定を、裏面にも適用するときに設定します。

表紙や裏表紙を挿入する([カバーシート])

原稿の最初と最後のページに、表紙として本文と異なる用紙を挿入します。

表紙用の用紙は、本文用とは別の用紙(色紙や厚紙など)を選べ、表紙と本文を別々に印刷することなく、一度に印刷できます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

カバーシートを設定するときに[ON]を選びます。

[表カバー]

表紙の挿入のしかたを指定します。

  • [表コピー]:ファイルの先頭ページを表紙に印刷するときに選びます。

  • [表白紙]:表紙を白紙で挿入するときに選びます。

  • [用紙]:表紙に使う用紙を選びます。カバー用と本文用の用紙は同じサイズの用紙を使い、同じ方向にセットします。

[裏カバー]

裏表紙の挿入のしかたを指定します。

  • [裏コピー]:ファイルの最終ページを裏表紙に印刷するときに選びます。

  • [裏白紙]:裏表紙を白紙で挿入するときに選びます。

  • [用紙]:裏表紙に使う用紙を選びます。カバー用と本文用の用紙は同じサイズの用紙を使い、同じ方向にセットします。

  • 表紙用の用紙と本文用の用紙は同じサイズの用紙を使って、同じ方向にセットしてください。

指定したページに別の用紙を挿入する([インターシート])

指定したページに他のページとは異なる用紙を挿入します。

挿入する用紙として、色紙や厚紙などを選べます。また、挿入する用紙に対して原稿データを印刷するかしないかを選べます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

インターシートを設定するときに[ON]を選びます。

[挿入位置]

用紙を挿入するページ番号を指定します。

  • テンキーで挿入ページを入力して[追加]をタップすることで、挿入ページを登録します。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

  • 挿入ページを誤って登録した場合は、削除したい挿入ページを選び、[削除]をタップします。

  • 指定ページを順不同で入力した場合、自動的にページ順が小さい順に並びかわります。

[挿入紙]

挿入する用紙をセットした給紙トレイを選びます。

インターシート用と本文用の用紙は同じサイズの用紙を使い、同じ方向にセットしてください。

[挿入方法]

挿入紙にファイルを印刷するかどうかを選びます。

  • 30箇所まで指定用紙を挿入することができます。

  • 挿入紙と原稿用の用紙は同じサイズの用紙を使用して、同じ方向にセットしてください。

章の先頭ページをおもて面に配置する([章分け])

両面印刷するときに、章の先頭ページは、必ず表面になるように印刷します。

章の先頭ページと本文は、同じ用紙に印刷されます。また、章の先頭ページに、本文とは別の用紙を指定することもできます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

章分けを設定するときに[ON]を選びます。

[章分け位置]

表面にしたい章ページを指定します。

  • テンキーで章の先頭ページ番号を入力して[追加]をタップすることで、章ページを登録します。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。

  • 章ページを誤って登録した場合は、削除したい章ページを選び、[削除]をタップします。

  • 指定ページを順不同で入力した場合、自動的にページ順が小さい順に並びかわります。

[章分け紙の挿入]

章の先頭ページに使う用紙を、本文と別の用紙にするかどうかを選びます。

  • [しない]:すべて同じ用紙へ印刷します。

  • [コピー挿入]:章の先頭ページを本文と別の用紙に印刷します。[章分け紙]で、挿入する用紙がセットされた給紙トレイを選びます。

[章分け紙]

[章分け紙の挿入]で[コピー挿入]を選んだ場合に、章の先頭ページに使う用紙をセットした給紙トレイを選びます。

章分け紙と原稿用の用紙が異なる場合は、用紙サイズと向きをあわせてセットしてください。

  • 章の先頭ページは、30箇所まで指定できます。

  • 章分け紙と原稿用のコピー用紙が異なる場合は、用紙サイズと向きを合わせてセットします。

  • 章分け機能を設定すると、[両面/ページ集約]の[両面]が自動的に設定されます。

日付/時刻を追加する([日付/時刻])

印字する位置や表記のしかたを選び、印刷した日付や時刻を追加します。

全ページに追加したり、先頭ページだけに追加したりすることもできます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

日付/時刻を印字するときに[ON]を選びます。

[日付種類]

印字する日付の表記のしかたを選びます。

[時刻種類]

印字する時刻の表記のしかたを選びます。時刻を印字しない場合は、[しない]を選びます。

[印字ページ]

印字するページの範囲を選びます。

[文字詳細]

必要に応じて、印字する文字のサイズや書体を選びます。

[印字位置指定]

必要に応じて、印字する文字の位置を選びます。印字する位置は、[位置調整]でさらに細かく調整できます。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

ページ番号を追加する([ページ番号])

印字する位置や表記のしかたを選び、ページ番号や章番号を追加して印刷します。

ページ番号や章番号は、全ページに追加されます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

ページ番号を印字するときに[ON]を選びます。

[ページ種類]

印字するページ番号の表記のしかたを選びます。

[印字開始ページ番号]

1ページ目に印字するページ番号の、開始番号をテンキーで入力します。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。たとえば、ファイルの3ページ目からページ番号を印字したい場合は、「-1」と入力します。ファイルの1ページ目を「-1」、2ページ目を「0」とカウントし、ファイルの3ページ目を「1」とカウントします。[印字開始ページ番号]は、カウントが1以降のページ番号を印字します。「2」を入力すると、ファイルの1ページ目から順に「2、3」と印字します。「-」は、[*]をタップするごとに+と-を切換えます。

[印字開始章番号]

章構成のあるファイルで、2章目以降から章番号を印字したいときにテンキーで入力します。数字の入力エリアをタップするとテンキーを表示します。章番号は、[ページ種類]で[章ページ]を選んだときにだけ設定できます。たとえば、3章目から章番号を印字したい場合は、「-1」と入力します。ファイルの1章目を「-1」、2章目を「0」とカウントし、ファイルの3章目を「1」とカウントします。[印字開始章番号]は、カウントが1以降の章番号を印字します。「2」を入力すると、ファイルの1章目の1ページから「2-1、2-2」と印字します。「-」は、[*]をタップするごとに+と-を切換えます。

[文字詳細]

必要に応じて、印字する文字のサイズや書体を選びます。

[印字位置指定]

必要に応じて、印字する文字の位置を選びます。印字する位置は、[位置調整]でさらに細かく調整できます。

[挿入紙印字指定] *

カバーシート機能やインターシート機能などで用紙を挿入するときに、挿入する用紙にページ番号を印字するかどうかを指定します。

  • [カバーシート]:表紙にページ番号を印字するかどうかを選びます。[印字しない]を選んでも、表紙をページ数としてカウントします。

  • [コピー挿入紙]:挿入紙にページ番号を印字するかどうかを選びます。[印刷しない]を選んでも、挿入紙をページ数としてカウントします。[スキップ]を選ぶと、ページ番号を印字せず、ページ数としてもカウントしません。

  • [白紙挿入紙]:白紙を挿入するときに、ページ数としてカウントするかどうかを選びます。[印刷しない]を選ぶと、挿入紙をページ数としてカウントします。[スキップ]を選ぶと、ページ数としてカウントしません。

*[挿入紙印字指定]は、次のボックスから印刷する場合に表示されます。
ユーザーボックス
セキュリティ文書ボックス
ファイリングナンバーボックス

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

スタンプを追加する([スタンプ])

先頭ページまたはすべてのページに、「回覧」「複製厳禁」などの文字を追加します。追加する文字は、登録済みの定型のスタンプや、任意で登録したスタンプから選べます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

スタンプを印字するときに[ON]を選びます。

[スタンプ種類]

印字するスタンプを選びます。

[印字ページ]

印字するページの範囲を選びます。

[文字詳細]

必要に応じて、印字する文字のサイズを選びます。

[印字位置指定]

必要に応じて、印字する文字の位置を選びます。印字する位置は、[位置調整]でさらに細かく調整できます。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

ページ全体にスタンプを追加する([繰り返しスタンプ])

ページ全体に、「コピー」「社外秘」などのスタンプを印字します。

「コピー」「社外秘」などの文字を、目に見える状態でページ全体に印字することで、不正コピーを抑止できます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

スタンプを繰返し印字するときに[ON]を選びます。

[繰り返しスタンプ種類]

用紙に印字するスタンプを選びます。日付や時刻なども選べます。

  • [定型スタンプ]:印字する定型スタンプを選びます。

  • [登録スタンプ]:印字する登録スタンプを選びます。

  • [日付/時刻]:印字する日付や時刻の書式(タイプ)を指定します。

  • [その他]:印字するジョブ番号、本機のシリアル番号、部数管理番号を指定します。

[スタンプ割当て状況]

スタンプの登録状況を表示します。

[詳細設定]

必要に応じて、印字する文字の濃度、サイズ、パターン上書きを選びます。

[配置変更/削除]

必要に応じて、設定したスタンプの配置の確認、変更、削除をします。スタンプを上下に移動させて順番を変更したり、間にスペースを挿入したりできます。選んだスタンプが4個までの場合、角度の変更(45度)ができます。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

ヘッダー/フッターに情報を追加する([ヘッダー/フッター])

指定したページの上下の余白部分(ヘッダー/フッター)に、日付や時刻をはじめ、任意の文字を追加します。ヘッダー/フッターに追加する情報は、あらかじめ本機に登録しておく必要があります。

設定

説明

[ON]/[OFF]

ヘッダー/フッターを印字するときに[ON]を選びます。

[ヘッダー/フッター呼出し]

印字するヘッダー/フッターを選びます。あらかじめ登録されたヘッダー/フッターから選びます。

[確認/一時変更]

必要に応じて、[ヘッダー/フッター呼出し]で選んだプログラムの内容を確認または一時的に変更します。

  • [ヘッダー設定]:ヘッダーに印字する内容を変更します。

  • [フッター設定]:フッターに印字する内容を変更します。

  • [印字ページ]:印字するページの範囲を変更します。

  • [文字詳細]:印字する文字のサイズや書体を変更します。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

登録した画像を合成する([登録オーバーレイ])

登録したオーバーレイ画像を呼出して、ファイルの画像に合成します。よく使うオーバーレイ画像を登録しておくと便利です。

設定

説明

[ON]/[OFF]

登録したオーバーレイ画像を合成するときに[ON]を選びます。

[画像呼出し]

オーバーレイ画像を用紙の表面、裏面のどちらに合成するかを指定してから、合成するオーバーレイ画像を選びます。必要に応じて、合成するオーバーレイ画像の濃度、合成方法や、プレビュー画像を確認します。

[裏面も同じ]を設定すると、表面と同じ画像を裏面にも合成します。

[印字ページ]

オーバーレイ画像を合成するページの範囲を選びます。

  • この機能を使うには、オプションの拡張メモリーが必要です。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

隠し文字を印字する([コピープロテクト])

すべてのページに、「コピー」「社外秘」などの文字を、目立たない文字として印字します。この機能を、コピープロテクトと呼びます。

コピープロテクトされた用紙をコピーすると、隠し文字が用紙全体に浮出るため、コピーであることがわかります。

設定

説明

[ON]/[OFF]

コピープロテクトを印字するときに[ON]を選びます。

[コピープロテクト種類]

用紙に印字するスタンプを選びます。日付や時刻なども選べます。

  • [定型スタンプ]:印字する定型スタンプを選びます。

  • [登録スタンプ]:印字する登録スタンプを選びます。

  • [日付/時刻]:印字する日付や時刻の書式(タイプ)を指定します。

  • [その他]:印字するジョブ番号、本機のシリアル番号、部数管理番号を指定します。

[スタンプ割当て状況]

スタンプの登録状況を表示します。

[詳細設定]

必要に応じて、印字する文字の濃度、サイズ、パターン上書きを選びます。

[コピープロテクトパターン]

コピープロテクトの印字のしかたを選びます。また、必要に応じて、コントラストを指定します。

[背景パターン]

背景のパターンを選びます。

[配置変更/削除]

必要に応じて、設定したスタンプの配置の確認、変更、削除をします。スタンプを上下に移動させて順番を変更したり、間にスペースを挿入したりできます。選んだスタンプが4個までの場合、角度の変更(45度)ができます。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

コピー禁止情報を埋込む([コピーガード])

コピーガードは、不正コピー防止用に、「社外秘」や日付などの隠し文字を背景の中に目立たないように印字するコピープロテクト機能に、コピーガード用のパターンを埋込んで印字する機能です。

コピーガード機能に対応した装置で、コピーガードされた用紙をコピーしようとしても、コピーガード用のパターンが読取られ、コピーを中断しジョブを破棄します。

設定

説明

[ON]/[OFF]

コピーガード用のパターンを埋込むときに[ON]を選びます。

[スタンプ種類]

用紙に印字するスタンプを選びます。日付や時刻なども選べます。

  • [定型スタンプ]:印字する定型スタンプを選びます。

  • [日付/時刻]:印字する日付や時刻の書式(タイプ)を指定します。

  • [その他]:印字するジョブ番号、本機のシリアル番号、部数管理番号を指定します。

[スタンプ割当て状況]

スタンプの登録状況を表示します。

[文字サイズ]

必要に応じて、印字する文字のサイズを選びます。

[コピーガードパターン]

必要に応じて、コピーガードパターンのコントラストを指定します。

[背景パターン]

背景のパターンを選びます。

  • この機能を使うには、オプションのセキュリティーキットが必要です。また、本機で機能を有効にする必要があります。機能を有効にする方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 色紙、封筒、OHPフィルムには、コピーガード機能は対応していません。

パスワードを埋込む([パスワードコピー])

パスワードコピーは、不正コピー防止用に、「社外秘」や日付などの隠し文字を背景の中に目立たないように印字するコピープロテクト機能に、パスワードコピー用のパスワードを埋込んで印字する機能です。

パスワードコピー機能に対応した装置で、パスワードコピーされた用紙をコピーしようとすると、パスワードコピー用のパターンが読取られ、パスワードの入力を求められます。正しいパスワードを入力するとコピーが開始されます。

設定

説明

[ON]/[OFF]

パスワードを埋込むときに[ON]を選びます。

[パスワード]

コピーを制限するためのパスワードを入力します。

[スタンプ設定]

用紙に印字するスタンプを設定します。

[スタンプ種類]

用紙に印字するスタンプを選びます。日付や時刻なども選べます。

  • [定型スタンプ]:印字する定型スタンプを選びます。

  • [日付/時刻]:印字する日付や時刻の書式(タイプ)を指定します。

  • [その他]:印字するジョブ番号、本機のシリアル番号、部数管理番号を指定します。

[スタンプ割当て状況]

スタンプの登録状況を表示します。

[文字サイズ]

必要に応じて、印字する文字のサイズを選びます。

[パスワードコピーパターン]

必要に応じて、パスワードコピーパターンのコントラストを指定します。

[背景パターン]

背景のパターンを選びます。

  • この機能を使うには、オプションのセキュリティーキットが必要です。また、本機で機能を有効にする必要があります。機能を有効にする方法について詳しくは、こちらをごらんください。

  • この機能は、Webブラウザー機能が無効の場合に利用できます。オプションの拡張メモリーを装着している場合は、Webブラウザー機能の有効/無効に関わらず利用できます。一部の機種は、拡張メモリーを標準で装備しています。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 色紙、封筒、OHPフィルムには、パスワードコピー機能は対応していません。