ホームファクスファクス機能について

ファクス機能について

ファクスは、電話回線を使って、読込んだ原稿(紙の原稿)の送信や送られてきたデータの受信を行う通信機能です。本機には、ファクスに関するさまざまな機能が備わっており、原稿に合わせて読込みの設定を変更したり、受信したファクスをボックスに保存したりすることができます。

ファクス使用時の注意は以下のとおりです。

  • ファクスを使うには、オプションが必要です。必要なオプションについて詳しくは、以下の場所をごらんください。
    bizhub 558/458の場合:こちら
    bizhub 368/308の場合:こちら

  • 本機を接続できる電話回線は以下のとおりです。

  • 加入電話回線(ファクス通信網を含む)

    PBX(構内交換機2線式)

  • カラーでのファクス通信はできません。

  • 外部電話としてビジネスホンは接続できません。

  • キャッチホンは併用できません。

  • お客様がお使いの社内ネットワークなどで、デジタル専用線を多重化している場合は、ファクス通信の伝送速度が制限されたり、スーパーG3による通信ができなくなる可能性があります。

  • ごくまれに、工場出荷時の設定で通信エラーが発生する場合があります。これらの制約は、多重化装置が音声使用を前提に回線の使用帯域を限界まで制限しているためです。なお、ネットワークを構成する装置によってもこれらの制約は異なります。詳しくは、お客様のネットワーク管理者にお問い合わせください。