ホーム機能 / 設定キーの説明参照許可設定

参照許可設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ユーザー認証/部門管理]
        • [参照許可設定]

ユーザーごとに参照できる宛先を制限します。

[宛先レベル設定]と[ユーザーレベル設定]を組合わせることで、ユーザーが参照できる宛先を制限します。

  • 宛先の参照制限について詳しくは、こちらをごらんください。

設定

説明

[グループ登録]

参照許可グループを登録します。

参照許可グループには、宛先とユーザーを登録することができ、ユーザーは同一グループに登録されている宛先を参照できます。

  • グループを登録するときは、登録番号を選び、[編集]をタップします。

  • グループに登録された宛先やユーザーを確認するときは、[詳細]をタップします。

[グループ名]

グループの名前を入力します(半角24文字/全角12文字以内)。

[参照可能レベル]

参照可能レベルと参照許可グループを組合わせて登録宛先を管理するときは、参照許可グループの参照可能レベルを選びます。

初期値は[レベル0]です。

[宛先レベル設定]

登録宛先を[短縮宛先]、[グループ宛先]、[プログラム宛先]から選び、参照許可グループまたは参照許可レベルのいずれかを設定します。

[参照許可グループ設定]

選んだ登録宛先に対して、参照許可グループを割当てます。

参照許可グループを割当てるには、あらかじめ[グループ登録]で、参照許可グループの登録が必要です。

[参照許可レベル設定]

選んだ登録宛先に対して、参照許可レベルを設定します。

初期値は[レベル0]です。

[ユーザーレベル設定]

登録ユーザーまたはパブリックユーザーを選び、参照許可グループまたは参照許可レベルを設定します。参照許可グループと参照許可レベルを組合わせることもできます。

[参照許可グループ設定]

選んだユーザーに対して、参照許可グループを割当てます。

参照許可グループを割当てるには、あらかじめ[グループ登録]で、参照許可グループの登録が必要です。

[参照許可レベル設定]

選んだユーザーに対して、参照許可レベルを設定します。

初期値は[レベル0]です。