ホーム機能 / 設定キーの説明直接入力

直接入力

表示するには:
  • [ファクス/スキャン]
    • [直接入力]

保存または送信のしかたに応じて、宛先の情報を入力します。

設定

説明

[ファクス]

読込んだ原稿データをファクス送信するときに、宛先とするファクス番号を入力します。

[E-mail]

読込んだ原稿データをE-mailの添付ファイルとして送信するときに、宛先とするメールアドレスを入力します。

[ボックス]

読込んだ原稿データを本機のボックスに保存するときに、保存先とするボックスを選びます。

[インターネットファクス]

読込んだ原稿データをインターネットファクス送信するときに、宛先とするメールアドレスを入力します。

[IPアドレスファクス]

読込んだ原稿データをIPアドレスファクス送信するときに、宛先とするIPアドレスやメールアドレスなどを入力します。

[ファイル送信(SMB)]

読込んだ原稿データをネットワーク上のコンピューターの共有フォルダーへ送信するときに、宛先とするコンピューター名(ホスト名)またはIPアドレスを入力します。

[ファイル送信(FTP)]

読込んだ原稿データをFTPサーバーへ送信するときに、宛先とするFTPサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。

[ファイル送信(WebDAV)]

読込んだ原稿データをWebDAVサーバーへ送信するときに、宛先とするWebDAVサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。

[ファイル送信(DPWS)]

読込んだ原稿データをWebサービスで検出したコンピューターへ送信するときに、宛先とするコンピューターを選びます。

[スキャンサーバー]

読込んだ原稿データを、スキャンサーバーを通じて二次配信します。

宛先を選ぶ操作で、任意のスキャンプロセスを選びます。スキャンプロセスには、二次配信する送信先などが登録されています。

  • ユーザーに対して、宛先の直接入力を許可するかどうかを選べます(初期値:[全て許可])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 直接入力した宛先を、短縮宛先に登録できます。登録のしかたについて詳しくは、こちらをごらんください。