ホーム機能 / 設定キーの説明パンチレジストループ量調整

パンチレジストループ量調整

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [環境設定]
        • [エキスパート調整]
          • [フィニッシャー調整]
            • [パンチレジストループ量調整]

パンチ穴をあけたときのパンチ穴の位置が用紙の端と平行にならない場合、平行になるように用紙の傾きを調整します。

bizhub 554eをお使いの場合:フィニッシャー FS-535装着時

設定

説明

[フィニッシャー]/[フィニッシャー(Z折り時)]/[ポストインサーターフィーダー上段]/[ポストインサーターフィーダー下段]

用紙の傾きを調整する箇所を選びます。

  • [フィニッシャー]:パンチキット PK-521を装着している場合に調整できます。

  • [フィニッシャー(Z折り時)]:Z折りユニット ZU-606を装着している場合に調整できます。

  • [ポストインサーターフィーダー上段]:パンチキット PK-521ポストインサーターを装着している場合に調整できます。

  • [ポストインサーターフィーダー下段]:パンチキット PK-521ポストインサーターを装着している場合に調整できます。

[用紙種類]

傾きを調整する用紙の種類を選びます。

[調整値]

[-]、[+]をタップして、調整値を入力します。

  • [+]:用紙の傾きを補正するときにタップします。

  • [-]:[+]をタップして傾きが補正できない場合や、用紙がしわになる場合にタップします。

調整値は-5.0 mm~5.0 mm([フィニッシャー(Z折り時)]以外)/-16.0 mm~16.0 mm([フィニッシャー(Z折り時)])です。

初期値は[0.0 mm]です。

フィニッシャー FS-534パンチキット PK-520、またはフィニッシャー FS-533パンチキット PK-519装着時

設定

説明

[用紙種類]

傾きを調整する用紙の種類を選びます。

[調整値]

[-]、[+]をタップして、-4~4の調整値を入力します。

  • [+]:用紙の傾きを補正するときにタップします。

  • [-]:[+]をタップして傾きが補正できない場合や、用紙がしわになる場合にタップします。

初期値は[0]です。

  • パンチ穴の位置がずれた用紙を確認しながら調整してください。