ホーム機能 / 設定キーの説明転送ファクス設定

転送ファクス設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ファクス設定]
        • [機能設定]
          • [転送ファクス設定]

転送ファクス機能を使うための設定をします。

転送ファクスは、受信したファクスを、あらかじめ設定しておいた宛先へ転送する機能です。

設定

説明

[する]/[しない]

転送ファクス機能を使うかどうかを選びます。

初期値は[しない]です。

[出力機能]

受信したファクスを転送するときに、本機で印刷するかどうかを選びます。

  • [常時印刷]:転送すると同時に、本機でも印刷します。

  • [不達時のみ印刷]:正常に転送できなかった場合だけ、本機で印刷します。

[転送先]

受信したファクスの転送先を指定します。

テンキーでファクス番号を直接入力するか、[登録宛先から指定]をタップして、本機に登録されている宛先の中から選びます。

転送先がファクスの場合を除き、[ファイル形式]を指定して、ファクスをファイルに変換できます。指定できるファイル形式は、PDF、XPS、TIFFです。その他のファイル形式は、1回線目のみ指定できます。その他のファイル形式を指定するには、サービスエンジニアによる設定が必要です。詳しくは、サービス実施店にお問い合わせください。

転送先がファクスの場合、受信したネットワークファクスを転送することはできません。[出力機能]の設定に関わらず、常に本機で印刷します。

[回線指定]

複数の回線をお使いの場合は、送信に使う回線を選びます。通常は[回線1]を使います。[指定なし]を選ぶと、空いている回線を使って送信します。

初期値は[指定なし]です。

  • 複数の回線をお使いの場合に、[管理者設定]-[ファクス設定]-[送信/受信設定]-[回線別受信設定]を[ON]に設定しているときは、転送ファクス機能を使うかどうかを回線ごとに設定できます。