ホーム機能 / 設定キーの説明BMLinkS設定

BMLinkS設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ネットワーク設定]
        • [BMLinkS設定]

BMLinkS 統合プリンタードライバーを使って印刷するための設定をします。

BMLinkS統合プリンタードライバーは、メーカーや機種に依存しないプリンタードライバーです。用途に応じたプリンターを検索して印刷できるので、ユーザーや管理者の負荷を軽減できます。

[OK]を押すと設定変更を確定します。

設定

説明

[BMLinkS使用設定]

BMLinkS統合のプリンタードライバーを使って印刷するための設定をします。

[使用する]/[使用しない]

本機でBMLinkS統合のプリンタードライバーを使うかどうかを選びます。

初期値は[使用しない]です。

[SSL設定]

通信にSSLを使うかどうかを選びます。

  • [非SSL通信のみ可]:非SSL通信だけを許可します。

  • [SSL通信のみ可]:SSL通信だけを許可します。

  • [SSL/非SSL通信可]:SSL通信と非SSL通信の両方を許可します。

初期値は[非SSL通信のみ可]です。

[SOAPポート番号]

必要に応じて、SOAPポート番号を変更します。SOAPポートでは、印刷コマンドを受信します。

初期値は[52080]です。

[SOAPポート番号(SSL)]

必要に応じて、SSL通信用のSOAPポート番号を変更します。

初期値は[52443]です。

[プリンターポート番号]

必要に応じて、プリンターポート番号を変更します。プリンターポートでは、印刷ジョブを受信します

初期値は[52000]です。

[プリンターポート番号(SSL)]

必要に応じて、SSL通信用のプリンターポート番号を変更します。

初期値は[52001]です。

[サーバータイムアウト]

必要に応じて、本機が印刷コマンドや印刷ジョブを受信するときの、通信のタイムアウト時間を変更します。

初期値は[60秒]です。

[クライアントタイムアウト]

必要に応じて、本機がプリンタードライバーに通知するときの、通信のタイムアウト時間を変更します。

初期値は[60秒]です。

[サービス通知間隔]

必要に応じて、起動公告を送信してから、タイムアウトするまでの、公告の有効時間を変更します。

有効時間を経過しても、BMLinkSを使っている場合は、自動的に更新されます。

初期値は[3時間]です。

[プリンター名]

プリンタードライバーに通知する、本機のプリンター名を入力します(全角/半角255文字以内)。

初期値は[BMLinkS Print]です。

[Friendly Name]

プリンタードライバーに通知する、本機の名前を入力します(全角/半角255文字以内)。

本機を探すときにわかりやすい名前をつけます。

初期値は[BMLinkS Device]です。

[設置場所]

必要に応じて、本機の設置場所(国名、組織名、支店名、ビル名、階数、ブロック名)を入力します。

[通知許可設定]

印刷完了後に、通知するかどうかを選びます。

初期値は[使用する]です。