ホーム機能 / 設定キーの説明DPWS共通設定

DPWS共通設定

表示するには:
  • [設定メニュー]
    • [管理者設定]
      • [ネットワーク設定]
        • [DPWS設定]
          • [DPWS共通設定]

Webサービスを使って本機を検出するための設定をします。

設定

説明

[Friendly Name]

コンピューターからWebサービスを使って探索したときに表示する本機の名前を入力します(半角62文字以内)。

本機を探すときにわかりやすい名前をつけます。

[Publication Service]

以下のどちらかの環境で本機を使う場合は、[有効]を選びます。

  • Windows Vista/7/8/8.1/Server 2008/Server 2008 R2/Server 2012/Server 2012 R2で、NetBIOSが無効になっている環境

  • IPv6のみの通信を行うように構築された環境

Publication Serviceによる接続先の検出は、最大512個まで可能です(NetBIOSによる検出数を含む)。

初期値は[無効]です。

[SSL使用設定]

Webサービス通信にSSLを使うどうかを選びます。

初期値は[使用しない]です。

[証明書検証強度設定]

SSLで通信するときに証明書の検証を行う場合は、検証する項目を選びます。

  • [有効期限]:証明書が有効期限内かどうかを確認します。初期値は[確認する]です。

  • [鍵使用法]:証明書の発行者が承認した使用用途に沿って、証明書が使われているかどうかを確認します。初期値は[確認しない]です。

  • [チェーン]:証明書のチェーン(証明書のパス)に問題がないかどうかを確認します。チェーンの確認は、本機で管理している外部証明書を参照して行います。初期値は[確認しない]です。

  • [失効確認]:証明書が失効していないかどうかを確認します。初期値は[確認しない]です。