ホーム本機についてオプション一覧を確認する(bizhub 364e/284e/224e)

オプション一覧を確認する(bizhub 364e/284e/224e)

No.

名前

説明

1

本体部

スキャナー部で原稿を読込み、読取った画像をプリンター部で印刷できます。

本文中では本機、本体、364e/284e/224eと呼びます。

2

オリジナルカバー OC-511

セットした原稿が動かないように押さえることができます。

本文中ではオリジナルカバーと呼びます。

3

自動両面原稿送り装置 DF-624

原稿を自動的に1 枚ずつ送り出して読込むことができます。両面原稿も自動的に反転して読込みます。

本文中ではADFと呼びます。

4

両面同時原稿送り装置 DF-701

原稿を自動的に1 枚ずつ送り出して読込むことができます。両面原稿でも反転することなく一度の通紙で読込みます。

本文中ではADFと呼びます。

5

FAXキット FK-511

本機をファクス機として使えます。または電話回線を増設することもできます。

6

認証装置 AU-102

指静脈パターンを読取ってユーザー認証を行うことができます。

認証装置 AU-102を設置するには、ワーキングテーブル WT-506が必要です。

本文中では認証装置と呼びます。

7

認証装置AU-201

ICカードに記録された情報を読取ってユーザー認証を行うことができます。

認証装置AU-201を設置するには、取付けキット MK-735が必要です。

ワーキングテーブル WT-506に設置することもできます。

本文中では認証装置と呼びます。

8

ワーキングテーブル WT-506

原稿などを一時的に置くことができます。また、認証装置を設置する場合にも使います。

9

キーパッド KP-101

操作パネル横に装着します。

ハードウェアのテンキーで数字を入力できます。

10

セキュリティーキット SC-508

不正コピーを防止するための、コピーガード機能、パスワードコピー機能を使えます。

11

FAX搭載キット MK-728

FAXキット FK-508を取付ける場合に必要です。

12

FAXキット FK-508

電話回線を増設することができます。

FAXキット FK-508を装着するには、FAX搭載キット MK-728が必要です。

13

取付けキット MK-730

長尺紙に印刷する場合に使います。

14

専用デスク DK-705

本機をフロアに設置できます。

本文中では専用デスクと呼びます。

15

専用デスク DK-510

本機をフロアに設置できます。

本文中では専用デスクと呼びます。

16

給紙キャビネット PC-410

A4サイズで2500枚までの用紙をセットできます。

本文中ではLCT (内蔵)と呼びます。

17

給紙キャビネット PC-210

上段・下段にそれぞれ500 枚までの用紙をセットできます。

本文中では2段給紙キャビネットと呼びます。

18

給紙キャビネット PC-110

上段には500枚までの用紙をセットし、下段は収納ボックスとして使えます。

本文中では1段給紙キャビネットと呼びます。

19

フィニッシャー FS-534

印刷された用紙をソートグループ、ステープルとじして排紙できます。

フィニッシャー FS-534を装着するには、専用デスク DK-510給紙キャビネット PC-410給紙キャビネット PC-110給紙キャビネット PC-210のいずれかを本機に装着する必要があります。

20

中綴じ機 SD-511

フィニッシャー FS-534に装着します。紙折り/中とじができます。

本文中では中綴じ機と呼びます。

21

パンチキット PK-520

フィニッシャー FS-534に装着します。

パンチ穴をあけることができます。

22

フィニッシャー FS-533

本体の排紙トレイに装着します。

印刷された用紙をソート、グループ、ステープルとじして排紙できます。

23

パンチキット PK-519

フィニッシャー FS-533に装着します。

パンチ穴をあけることができます。

24

セパレーター JS-506

本体の排紙トレイに装着します。

印刷された用紙を仕分けることができます。

本文中ではセパレーターと呼びます。

以下のオプションは、本機に内蔵されるため図解してありません。

25

FAX済みスタンプユニット SP-501

ファクス送信時に、読取った原稿にスタンプを押すことができます。原稿が読取られたことを確認できます。

26

補充スタンプ2

FAX済みスタンプユニット SP-501の補充スタンプです。

27

ローカル接続キット EK-606

音声ガイド機能を使う場合に装着します。

スピーカーが内蔵されています。

28

ローカル接続キット EK-607

音声ガイド機能と、Bluetooth対応機器との連携機能を使う場合に装着します。

スピーカーと、Bluetooth通信用の受信装置が内蔵されています。

29

i-Option LK-101 v3

拡張機能の一つである、Webブラウザー機能が使えます。

30

i-Option LK-102 v3

拡張機能の一つである、PDF処理機能が使えます。

31

i-Option LK-104 v3

拡張機能の一つである、音声ガイド機能が使えます。

32

i-Option LK-105 v3

拡張機能の一つである、サーチャブルPDF機能が使えます。

33

i-Option LK-106

特殊フォントの一つである、バーコードフォントを追加できます。

34

i-Option LK-107

特殊フォントの一つである、ユニコードフォントを追加できます。

35

i-Option LK-108

特殊フォントの一つである、OCRフォントを追加できます。

標準ではOCR-Bフォント(PostScript)を利用できます。i-Option LK-108を導入するとOCR-Aフォント(PCL)を利用できるようになります。

36

i-Option LK-110

拡張機能として、DOCX、XLSX形式への変換や、高機能および高画質なデータを生成する機能を追加できます。

i-Option LK-110は、i-Option LK-102 v3/LK-105 v3の機能ライセンスも含みます。i-Option LK-110を購入する場合、i-Option LK-102 v3/LK-105 v3を購入する必要はありません。

追加できる機能について詳しくは、こちらをごらんください。

37

i-Option LK-111

拡張機能の一つである、ThinPrint機能が使えます。

38

i-Option LK-114

拡張機能の一つである、ユビキタスプリント機能が使えます。

39

i-Option LK-115

拡張機能の一つである、TPM(Trusted Platform Module)を利用できます。本機の証明書やパスワードなどの機密情報をTPMで暗号化することで、セキュリティを高められます。

40

アップグレードキット UK-204

  • i-Option LK-101 v3/LK-102 v3/LK-104 v3/LK-105 v3 /LK-106/LK-107/LK-108/LK-110/LK-114を導入する場合に装着します。

  • My Panel Managerと連携してMyアドレスを使う場合に装着します。

  • オーバーレイ、登録オーバーレイ機能を使う場合に装着します。

41

アップグレードキット UK-208

無線ネットワーク環境で本機を使用できます。

42

アップグレードキット UK-209

本機にAndroid/iOSタブレット端末を接続し、操作パネルをAndroid/iOSタブレット端末に表示して遠隔操作できます。

  • 自動両面原稿送り装置 DF-624をお使いの場合に必要です。

  • 両面同時原稿送り装置 DF-701をお使いの場合は、すでにアップグレードキット UK-209(同時両面基板)が装着されています。

  • Android/iOSタブレット端末を使うには、端末に専用のアプリケーションをインストールする必要があります。

以下のオプションは図解してありません。

43

結露防止ヒーター HT-510

スキャナーの結露を防止できます。

44

結露防止ヒーター電源Box MK-719

結露防止ヒーターの動作をON/OFFします。

45

防湿ヒーター HT-509

給紙トレイ内の用紙の湿気を防止します。

防湿ヒーター HT-509を装着するには、専用デスク DK-510給紙キャビネット PC-410給紙キャビネット PC-110給紙キャビネット PC-210のいずれかを本機に装着する必要があります。

46

防湿ヒーター電源BOX MK-734

防湿ヒーターの動作をON/OFFできます。

47

取付けキット MK-735

認証装置 AU-201を本体に内蔵して使用する場合に装着します。

前面

本図は本体に自動両面原稿送り装置 DF-624給紙キャビネット PC-410を装着しています。

No.

名前

説明

1

原稿押えパッド

セットした原稿が動かないように押さえます。

2

用紙エンプティーランプ

トレイの用紙残量が少なくなるとオレンジ色に点滅し、用紙がなくなると点灯します。

3

LCT (内蔵)

2500枚までの用紙をセットできます。

厚紙1、厚紙1+、厚紙2、厚紙3は1000枚までセットできます。

4

紙づまり処理ダイアル

ADFで紙づまりをおこした用紙を取出すときに回します。

本図は本体に自動両面原稿送り装置 DF-624給紙キャビネット PC-210または、給紙キャビネット PC-110を装着しています。

No.

名前

説明

5

左カバー解除レバー

左カバーを開くときに使います。

6

左カバー

左カバーの紙づまりを処理するときに開きます。

7

ガイド板

原稿の幅に合わせて調整します。

8

原稿給紙トレイ

原稿を上向きにセットします。

9

原稿排紙トレイ

読込みの終わった原稿が排出トレイの上に排紙されます。ADF の紙づまりを処理するときには、原稿排紙トレイを開きます。

10

右下ドア

トレイ3トレイ4搬送部で紙づまり処理を行うときに開きます。

11

右下ドア解除レバー

右下ドアをロックしているレバーです。

12

トレイ3

500枚までの用紙をセットできます。

厚紙1、厚紙1+、厚紙2、厚紙3は150枚までセットできます。

13

トレイ4収納ボックス

1段給紙キャビネット装着時、収納ボックスとして使います。

2段給紙キャビネット装着時、500枚までの用紙をセットできます。

厚紙1、厚紙1+、厚紙2、厚紙3は150枚までセットできます。

背面

本図は本体に自動両面原稿送り装置 DF-624給紙キャビネット PC-210FAXキット FK-511FAXキット FK-508FAX搭載キット MK-728結露防止ヒーター電源Box MK-719防湿ヒーター電源BOX MK-734を装着しています。

No.

名前

説明

1

結露防止ヒーター電源スイッチ

結露防止ヒーターの動作をON/OFF します。ON のとき本機内部の結露を防止します。

結露防止ヒーターは1段/2段給紙キャビネットLCT (内蔵)専用デスクを購入した場合にご利用になれます。

2

防湿ヒーター電源スイッチ

防湿ヒーターの動作をON/OFF します。ON のとき用紙の湿気を防止します。

防湿ヒーター1段/2段給紙キャビネットLCT (内蔵)専用デスクを購入した場合にご利用になれます。

3

ポート3回線コネクター(FAX3)

一般加入電話回線を接続するときに使います。

4

ポート4回線コネクター(FAX4)

一般加入電話回線を接続するときに使います。

5

外付け電話機接続用コネクター(TEL PORT1)

外付け電話機のコードを接続します。

電話回線を1回線だけ使う場合は、こちらのコネクターにコードを接続してください。

6

外付け電話機接続用コネクター(TEL PORT2)

外付け電話機のコードを接続します。

7

ポート2回線コネクター(LINE PORT2)

一般加入電話回線を接続するときに使います。

8

ポート1 回線コネクター(LINE PORT1)

一般加入電話回線を接続するときに使います。

電話回線を1回線だけ使う場合は、こちらのコネクターにコードを接続してください。