ホームはじめに電源をON/OFFする

電源をON/OFFする

電源について

本機には、本体内部の主電源スイッチ操作パネル電源キーがあります。

No.

名前

説明

1

主電源スイッチ

本機の主電源をON/OFFしたり、本機を再起動するときに操作します。

2

電源キー

本機を節電状態に切換えるときに操作します。消費電力を抑え節電効果を得られます。

詳しくは、こちらをごらんください。

  • 本機で印刷中に主電源スイッチをOFFにしたり、電源キーを押さないでください。紙づまりの原因となります。

  • 本機の動作中に主電源スイッチをOFFにしたり、電源キーを押したりすると、読込み中のデータや通信中のデータ、待機中のジョブは削除されます。

主電源スイッチをONにする

  1. 前下ドア または前ドアを開き、主電源スイッチ を押します。

  2. 前下ドア または前ドアを閉じます。

    スタートがオレンジ色に点灯し、起動中を表す画面が表示されます。

    スタートが青色に点灯したら、本機をお使いいただけます。

主電源スイッチをOFFにする

本機を再起動するときや、トラブルが発生したときに主電源スイッチをOFFにします。

  1. 前下ドア または前ドアを開きます。

  2. 主電源スイッチを押して、前下ドア または前ドアを閉じます。

  • 本機を再起動するときは、主電源スイッチをOFFにして、10秒以上経過してからONにしてください。間隔をあけないと、正常に機能しないことがあります。

電源キーを操作する(購入時の状態でお使いの場合)

電源キーは、本機を節電状態に切換えるときに操作します。

電源キーは、手動でパワーセーブモードに切換えるためのパワーセーブキーとして使うことができます。パワーセーブモードには低電力モードとスリープモードの2つがあります。

  • 電源キーを押したときに、低電力モードとスリープモードのどちらに切換えるかを選べます(初期値:[低電力])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 電源キーを副電源OFFキーとして使うには、電源キーの設定の変更が必要です(初期値:[パワーセーブ])。詳しくは、こちらをごらんください。

電源キーを押したときの、本機の節電状態は次のとおりです。電源キーは押す長さによって、移行する節電状態が異なります。

電源キー

本機の状態

LEDの状態

説明

短押し

低電力モード

(初期値)

点滅:

青色

タッチパネルの表示を消し、消費電力を抑えます。

タッチパネルを操作したり、データやファクスを受信したりすると、通常モードに復帰します。

スリープモード

点滅:

青色

低電力モードよりも高い節電効果を得られます。通常モードへ復帰するまでの時間は、低電力モードから復帰するよりも長くなります。

タッチパネルを操作したり、データやファクスを受信したりすると、通常モードに復帰します。

長押し

副電源OFF

点灯:

オレンジ色

節電効果はスリープモードと同じです。

副電源OFF状態のとき、データやファクスは受信できますが、原稿の読込みや印刷はできません。

副電源OFF状態のときに受信したデータやファクスは、通常モードに復帰すると印刷されます。

副電源OFF状態から本機を通常モードに復帰させるには、もう一度電源キーを押してください。

  • 低電力モードまたはスリープモードになっている場合に、タッチパネルに手や人が近付くことで、低電力モードまたはスリープモードから復帰させるかどうかを選べます( 初期値:[ON]、調整値:[0])。詳しくは、こちらをごらんください。

  • 待機時の消費電力を抑えて使用したい場合、電源キーを副電源OFFキーとして使うこともできます。詳しくは、こちらをごらんください。