ホームWeb設定ツールファクスレポートの印刷条件を設定する

ファクスレポートの印刷条件を設定する

ファクス関連のレポートの印刷条件を設定します。レポートには、自動で印刷されるものと、手動で印刷するものがあります。

管理者モードの[ファクス設定]-[レポート出力設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[送信結果レポート]

ファクスの送信結果を記載したレポートを印刷するタイミングを選びます。

  • [常時]:ファクスを送信したあと、常に印刷します。

  • [エラー時のみ]:ファクスの送信に失敗した場合に印刷します。

  • [OFF]:送信結果レポートを印刷しません。

初期値は[エラー時のみ]です。

[送信結果レポート出力確認画面]

送信結果レポートの印刷を確認する画面を、送信のたびに表示するかどうかを選びます。

初期値は[表示しない]です。

[順次通信結果レポート]

順次ポーリング受信や同報送信の結果を記載したレポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[同報結果レポート出力]

同報通信の結果を、通信したすべての宛先でまとめるか、宛先ごとに記載するかを選びます。

初期値は[全宛先一括]です。

[同報結果レポート出力]

掲示板にポーリング用のファクスを登録した記録を記載したレポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[中継結果レポート]

中継配信で送信した結果を記載したレポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[送信結果レポート出力設定]

送信結果レポート(送信結果レポート、同報通信結果レポート、ポーリング送信結果レポート、中継結果レポート、掲示板ポーリング送信結果レポート)の出力方法を選びます。

  • [印刷]:送信結果レポートを本機で印刷します。

  • [E-mail通知]:送信結果レポートを任意の宛先にE-mailで送信します。あらかじめE-mail送信の設定が必要です。E-mail送信の設定について詳しくは、こちらをごらんください。

初期値は[印刷]です。

[E-mail通知]を選んだ場合は、次の項目を設定します。

  • [通知宛先]:通知先のメールアドレスを入力します(スペースを除く半角320文字以内)。

  • [通知先優先設定]:ユーザー認証を導入している場合に、通知先を選びます。[ユーザー宛先]を選ぶと、本機にログインしてファクスの送信を実行したユーザーのメールアドレスに通知します。ユーザーのメールアドレスが登録されていない場合は、[通知宛先]で登録した宛先に通知します。[通知宛先]を選ぶと、常に[通知宛先]で登録した宛先に通知します。初期値は[通知宛先]です。

  • [レポートファイル添付]:送信結果レポートをファイルに変換してE-mailに添付するかどうかを選びます。初期値は[添付する]です。

  • [レポート内画像設定]:送信結果レポートに、送信した原稿の1ページ目を表示するかどうかを選びます。初期値は[画像あり]です。

  • [レポートファイル形式]:送信結果レポートをE-mailに添付するときのファイル形式を選びます。初期値は[PDF]です。

[通信管理レポート]

ファクスを送信/受信した結果を記載したレポートを印刷するかどうかを選びます。

印刷する場合は、印刷するタイミングを選びます。

  • [OFF]:通信管理レポートを印刷しません。

  • [毎日]:[出力時刻設定]で指定した時刻に毎日印刷します。

  • [100通信毎]:100通信ごとに印刷します。

  • [100/毎日]:[出力時刻設定]で指定した時刻に毎日印刷します。さらに100通信ごとにも印刷します。

初期値は[100通信毎]です。

[中継依頼受付レポート]

中継局として中継受信したときに、レポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[PC-FAX送信エラーレポート]

ファクスドライバーを使ったPC-FAX送信に失敗したときに、レポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[OFF]です。

[予約レポート]

タイマー通信機能を使って通信を予約したときに、レポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[親展受信レポート]

親展受信の結果を記載したレポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[備考欄プリント設定]

本機でユーザー認証や部門管理を導入している場合に、ユーザー名/部門名を通信管理レポートの備考欄に印字するかどうかを選びます。

  • [通常印字]:回線の状態や送信時の設定を印字します。

  • [ユーザー名印字]:ユーザー認証のユーザー名を印字します。

  • [部門名印字]:部門認証の部門名を印字します。

初期値は[通常印字]です。

[ネットワークファクス受信エラーレポート]

インターネットファクスやIPアドレスファクスで受信に失敗したときに、レポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[ジョブ番号表示]

印刷するレポートにジョブ番号を表示する場合は、[表示する]を選びます。

対象となるのは次のレポートです。

  • 通信管理レポート

  • 送信管理レポート

  • 受信管理レポート

  • 送信結果レポート

  • 同報結果レポート

また、操作パネルのジョブ表示画面で、通信リストの通信時間の代わりに、ジョブ番号を表示します。

初期値は[表示しない]です。

[MDNメッセージ]

インターネットファクスが、相手の装置に届いたことをお知らせするレポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[ON]です。

[DSNメッセージ]

インターネットファクスが、相手のメールサーバーに届いたことをお知らせするレポートを印刷するかどうかを選びます。

初期値は[OFF]です。

[正常受信メール本文印刷]

インターネットファクスを受信したあとに、正常に受信したことをお知らせするレポートを印刷するかどうかを選びます。レポートには、インターネットファクスの件名と本文が印刷されます。

初期値は[印刷する]です。