ホームコピー仕上りを確認してコピーする

仕上りを確認してコピーする

プレビュー画像を確認してコピーする

コピーの仕上りイメージをタッチパネルで確認してからコピーできます。

誤った設定をしていないかどうかを仕上りイメージで確認することで、ミスコピーを未然に防ぐことができます。

  1. 原稿をセットします。

  2. [コピー]をタップします。

  3. コピーの各種設定をします。

  4. [プレビュー]をタップします。

  5. [プレビュー画像で確認]をタップし、原稿の向きに合わせて[原稿セット方向]を選びます。

  6. [実行]をタップします。

    原稿が読込まれ、プレビュー画面が表示されます。

  7. プレビュー表示を確認し、必要に応じてページの回転や設定を変更します。

    • 引続き原稿を読込む場合は、原稿をセットしてから[読込み開始]をタップします。

    • コピーを開始する場合は、[印刷実行]またはスタートを押します。

    • プレビュー画像をダブルタップすると、画像を拡大できます。

    • プレビュー画像をピンチイン/ピンチアウトすると、画像を拡大/縮小できます。

    • プレビュー画像をローテーションすると、画像を180度回転できます。

    • 複数ページの原稿を読込んだ場合、プレビュー画像をフリックすると、ページ送り/戻しができます。

    • をタップすると設定キーを表示し、ページの拡大や回転ができます。

  8. すべての原稿を読込み終えたら、[印刷実行]をタップするか、またはスタートを押します。

    コピーが開始されます。

1部だけお試しコピーする(確認コピー)

先に1部だけコピーして仕上りを確認してからコピーできます。

大量の部数をコピーするときは、確認コピー機能を使うことで、大量のミスコピーを未然に防ぐことができます。

  1. 原稿をセットします。

  2. [コピー]をタップします。

  3. コピーの各種設定をします。

  4. 必要に応じて、テンキーで部数を指定します。

    • [部数]をタップするとテンキーが表示されます。部数入力のためのテンキーは常時表示させることができます(初期値:[部数押下時])。詳しくは、こちらをごらんください。

    • 登録キーに[10キー呼び出し]が割当てられている場合は、登録キーを押すとタッチパネルテンキーを表示して入力できます。

    • 部数の入力をやり直したいときは、[C] (クリア)をタップします。

  5. [プレビュー]をタップします。

  6. [印刷して確認]をタップし、原稿の向きに合わせて[原稿セット方向]を選びます。

  7. [実行]をタップします。

    • ADFに原稿をセットした場合は、手順11に進みます。1部だけコピーが開始されます。

    • 原稿ガラスに原稿をセットした場合は、手順8に進みます。

  8. 次の原稿をセットし、スタートを押します。

  9. すべての原稿を読込み終えたら、[読込み終了]をタップします。

  10. スタートを押します。

    1部だけコピーが開始されます。

  11. コピー結果を確認します。

    • 必要に応じて[設定変更]をタップし、コピーの各種設定を変更します。

  12. [印刷実行]をタップします。

    残りの部数のコピーが開始されます。