ホームトラブルシューティング前ドアで紙づまりが発生した場合

前ドアで紙づまりが発生した場合

  • 本機の内部が高温になっている場合があります。高温になった部品で火傷などを負わないように、表面が冷えてから処理してください。

  1. 前ドアを開きます。

  2. 取っ手を持ってトナーカートリッジを引出します。

  3. 取っ手を持上げ、イメージングユニットを引出します。

    • イメージングユニットを10分以上、直射光の当たる場所に置いたままにしないでください。長時間の露光は、印刷品質低下の原因になります。

    • OPCドラムの表面に手を触れないでください。印刷品質低下の原因になります。

  4. 本体内部手前にあるフラップを持上げます。

  5. つまった用紙の両側をしっかり持って、ゆっくり引出します。

    • 紙片が残らないように取除いてください。

  6. イメージングユニットを挿入します。

    • 本機内側のサイドレールの矢印に沿って挿入します。

  7. トナーカートリッジを挿入します。

    • 本機内側のサイドレールの矢印に沿って挿入します。

  8. 前ドアを閉じます。