ホームWeb設定ツール簡単操作で本機のセキュリティを強化する

簡単操作で本機のセキュリティを強化する

[簡単セキュリティー設定]には、本機のセキュリティ強度を高めるための設定がまとめられています。

管理者パスワードが初期値から変更されていない場合や、パスワード規約の条件を満たしていない場合に、操作パネルにセキュリティ警告画面を表示し、パスワード規約の条件を満たした管理者パスワードへの変更を促すことができます。

機能ごとにUSBポートの使用を制限できるため、USBメモリー経由の情報漏えいなどのリスクを軽減できます。

管理者モードの[セキュリティ]-[簡単セキュリティー設定]で、次の設定をします。

設定

説明

[セキュリティー警告表示設定]

管理者パスワードが初期値から変更されていない場合や、パスワード規約の条件を満たしていない場合、セキュリティ警告画面を表示するかどうかを選びます。

初期値は[表示する]です。

[USB使用設定]

USBポートを使う機能を許可するかどうかを設定します。

  • [文書保存]:USBメモリーへのファイルの保存を許可するかどうかを選びます。管理者モードの[セキュリティ]-[USB接続許可設定]-[外部メモリー(ユーザー)]が[個別設定]に設定されている場合に、設定できます。初期値は[禁止]です。

  • [文書印刷]:USBメモリーからのファイルの印刷を許可するかどうかを選びます。管理者モードの[セキュリティ]-[USB接続許可設定]-[外部メモリー(ユーザー)]が[個別設定]に設定されている場合に、設定できます。初期値は[許可]です。

  • [外部メモリー文書読込み]:USBメモリーから読込んだファイルのボックスへの保存を許可するかどうかを選びます。管理者モードの[セキュリティ]-[USB接続許可設定]-[外部メモリー(ユーザー)]が[個別設定]に設定されている場合に、設定できます。初期値は[禁止]です。

  • [PC印刷]:USB接続によるコンピューターからの印刷を許可するかどうかを選びます。管理者モードの[セキュリティ]-[USB接続許可設定]-[PC接続]が[個別設定]に設定されている場合に設定できます。初期値は[許可]です。